ゲームレビュー/ソウル・サクリファイス【第1回】

rogo

●ハード:PlayStation Vita
●発売日:発売中(3月7日発売)
●価格:4900円/5980円(パッケージ版/DL版)
●ジャンル:アクション
●プレイ人数:1~4人
●メーカー:ソニー・コンピュータエンタテインメント

■概要
ダークファンタジーの世界で
奇怪な魔物たちと戯れる

3回にわたってレビューをお送りする作品は「魔法で狩ろうぜ!」のCMでおなじみ『ソウル・サクリファイス』。最大4人の魔法使い(プレイヤー)が協力し、強大な魔物たちを討つアクションということで、その内容が気になっていた方も多いはず。また、40代以上の方であれば、『ソウル・サクリファイス』というタイトルと魔法使いが活躍する内容から、思わずカルロス・サンタナを思い浮かべてしまった方もいるかも? だが、ゲーム中に流れる曲はラテンなギターではなく、不吉な運命を感じさせるアリア(詠唱)がメイン。『エルリック・サーガ』『ベルセルク』『鋼の錬金術師』といったダークファンタジー系の小説・コミックがお好きな方は、曲を聴くだけでも作品が表現しようとしている世界や雰囲気を掴めるかと思う。

ぺージに書いてある出来事を読者が追体験することができる魔書・リブロム。リブロムを残した、ある魔法使いはどんな経験をし、何を感じたのか。プレイヤーもまた、リブロムの著者の運命を追体験することになる──。