ゲームレビュー/ The Last of Us(第1回)

main

●ハード:PlayStation 3
●発売日:発売中(6月20日発売)
●価格:5980円
●ジャンル:サバイバルアクション
●プレイ人数:1人(オンラインマルチプレイ対応2~8人)
●メーカー:ソニー・コンピュータエンタテインメント

■概要
パンデミックをきっかけに
暗黒の時代が訪れた

アメリカで突如発生したパンデミック。謎の菌に寄生された“インフェクテッド(感染者)”は凶暴化し、まだ感染していない人間を次々に襲う。この感染者たちは爆発的にその数を増やし、まもなくアメリカ合衆国は崩壊。
アメリカから秩序、良識、信頼といったものが消え、そして多くの人々が、かけがえの無いものを失った。

このパンデミックから20年後。わずかに生き残った人々は物資を奪い合いながら、緩慢な滅びを迎えつつあり、大崩壊を生き延びた後、闇市場で武器などを売りさばいて生計を立てていた主人公ジョエルは、とある取り引きをきっかけに14歳の少女エリーと行動を共にすることに──。

今週からレビューをお送りしていくゲームは、文明崩壊後のアメリカでのサバイバルと、冒険アクションを描いた話題の『The Last of Us』。アメリカの都市がすっかり廃墟になってしまっているインパクトは、すさまじいの一言!