ゲームレビュー/ The Last of Us(第2回)

main

●ハード:PlayStation 3
●発売日:発売中(6月20日発売)
●価格:5980円
●ジャンル:サバイバルアクション
●プレイ人数:1人(オンラインマルチプレイ対応2~8人)
●メーカー:ソニー・コンピュータエンタテインメント

■概要
アイテム周りのシステムと
マルチプレイも魅力

アメリカで突如発生したパンデミック。謎の菌に寄生された“インフェクテッド(感染者)”たちは爆発的にその数を増やし、まもなくアメリカ合衆国は崩壊。アメリカから秩序、良識、信頼といったものが消え、そして多くの人々が、かけがえの無いものを失った……。

文明崩壊後のアメリカで、一人の男と少女のサバイバルを描いた話題のヒット作『The Last of Us』。レビュー第2回目は、本作独自のアイテム周りのシステムと、マルチプレイについてお送りします。アイテム周りのシステムがシングルプレイだけではなく、マルチプレイにも密接に関わってくるのが新鮮だ!

1 2

3

■廃物を利用して生き延びる
何を作るかだけでなく
“いつ作るのか”が重要

本作のアイテム周りのシステムは少し独特なもので、廃墟でサバイバルしている気分を盛り上げてくれる。なぜなら刃物やテープ、布、アルコール、火薬、砂糖といったアイテムの材料を集めていくことで、即席のナイフ、火炎瓶、煙幕などの作成が可能。完成品が手に入ることもあるが、その機会は少ない。プレイヤーは使用したいアイテムを自分の意志で選び、作成しなければならないのだ。

また、一般的なゲームであれば、手に入れたアイテムをいつ使うか判断するだけで良いが、本作はいつ使うかだけではなく、いつ作成するかという決断も重要になってくる。その決断によって、プレイ展開が大きく変わることも珍しくない。

例えば、布とアルコールで火炎瓶を作ることができる。火炎瓶は広範囲の敵を焼き払うことができる強力な武器で、感染者の群れをまとめて倒すこともできる。
しかし、同じ布とアルコールの組み合わせで、「治療キット」を作ることも可能なのである。火炎瓶を使い過ぎたために怪我を治療できなかったり、治療キットは余っているのに火炎瓶が足りないということが起こるため、材料をすぐアイテムにするのではなく、材料のままで持ち歩くのも1つの戦略というわけだ。

4 5
▲“インフェクテッド”の1種である、やっかいなクリッカーを集め、一度に焼き払ったりもできる火炎瓶。うまく使えれば戦いは圧倒的に楽になる。しかし、治療キットも体力を回復する重要なアイテム。どちらが役に立つかはその時々で変わっていく。

刃物とテープの使い方も悩ましいポイントの1つ。ナイフを作成すれば強敵を背後から無力化できるだけでなく、鍵のかかった扉を開け、その先にある、材料や弾薬などを入手できる。しかし、ナイフを打撃武器の強化に使用すれば、強敵を正面からやっつけることも。どちらを優先した方がいいのか、明確な答えはない。
6 7
▲つまり、敵に発見されていない時に役立つのがナイフで、敵に発見された後に役立つのが強化した打撃武器、という認識を持っておこう。

ちなみに筆者は難易度上級でプレイしていたのだが、刃物とテープは常に不足しがちだったため、できるだけ材料のままで持ち歩いていた。必要になった時に初めて、物陰に隠れてナイフを作成したり、打撃武器を強化していたわけである。逆に布とアルコールはある程度余裕があったので、治療キット1つ、火炎瓶2つをストックしておき、状況に即応して使えるようにしていた。
こうした材料のやりくりは、プレイヤーそれぞれの武器の好みや、入手できた材料の量によっても変わってくる点だと思う。皆さんも自分なりの選択を繰り返し、廃墟での生き残りを計っていただきたい!

■マルチプレイ
アイテム作成は
マルチプレイでも特長的なシステム

本作にはネットワークを使った対戦モードも存在する。1チーム4人、最大8人のプレイヤーがゲームに参加可能だ。敵チームのメンバーを規定の回数倒せば勝利となる「資源争奪戦」、やられたら復活できない「生き残り戦」の2種類のルールを楽しめる。

上記でお伝えしたアイテム作成のシステムは、シングルプレイだけのものではなく、本作のマルチプレイでも特長的なシステムになっている。本作の対戦マップには材料を入手できるポイントが何箇所も存在しており、どんな材料を入手できたかによって(毎回ランダムに変わる)、対戦中に作成・使用できるアイテムの種類や数が決まるのだ。この材料入手地点をめぐって、勝負の駆け引きが生まれるのも面白い。
強化した打撃武器、火炎瓶、煙幕などは敵をあっさりと倒すことができる(または倒す布石になる)ため、戦いの流れを大きく左右する。マルチプレイに挑戦する前に、シングルプレイでアイテムの使い方に慣れたり、すばやく作成する練習をしておくとよりスムーズに遊べるだろう。

また、装備するスキルによって、敵を発見しやすくなったり、逆に身を隠しやすくなったりもする。スキルを使わないと確実に損をするので、いろいろ装備してみて自分の戦い方に合ったものを探すのも大切だ。

なお、対戦スコア(物資)によって生存者数が増減し、12週間の生き残りを目指すという要素や、「○戦以内に敵を○人倒せ」といったミッションに挑戦する要素もある。

■まとめ
アイテム作成によって
プレイ感ががらりと変わる

以上、シングルでもマルチでも、材料の入手とアイテムの作成が鍵を握る本作。本当に使いたいアイテムを作れない時に、手持ちの材料でどうやりくりするかを考えるのも本作の醍醐味の1つだ。
さらにマルチでは隠密行動と敵の発見も重要だが、こちらは装備するスキルによって有利不利がはっきりと出るので、強力なスキルを習得するまでは練習期間と思って遊んでみよう。銃で敵を倒すのが苦手なユーザーでも、広範囲を攻撃できる火炎瓶を投げればなんとかなるはずだ。

さて、次週は本作をさらに遊び込んだ上で、シングルプレイ後半や、難易度サバイバルのプレイ感、ロードムービー的な要素もあるシナリオのテーマについても触れてみたい。

『The Last of Us』公式サイト
http://www.jp.playstation.com/software/title/bcjs37010.html

©2013 Sony Computer Entertainment America LLC. Created and developed by Naughty Dog, Inc.

文/高橋祐介