ミラーレスカメラレビュー/画質を向上させ、魅力を増したコンパクトモデル『PENTAX Q7』

1

Qマウントを採用したレンズ交換式のデジカメ「PENTAX Q」シリーズの最新モデルとして『PENTAX Q7』が登場。昨年秋に発売した『PENTAX Q10』の上位製品にあたり、ボディの基本デザインと操作系を受け継ぎながら、新たに1/1.7型の裏面照射型CMOSセンサーを搭載し、画質の向上を図っている。
 シリーズ共通の魅力である多彩なエフェクト機能は継承。特殊効果を加えるデジタルフィルターは撮影時に11種類、再生時に17種類から選択でき、発色傾向を切り替えるカスタムイメージは11種類に対応。さらに、多重露出やHDR撮影、ボケコントロールなどデジタルならではの仕掛けを満載する。