アツくなってきた、スマートシロモノ家電市場

アツ~~~~~~~い。もう、イヤだ~~~~! 
夏大キライ宣言、副編・石田です。

さてさて、連日、新製品発表が続く昨今ですが、昨日も注目の新製品、新サービスが発表されました。

それが東芝が手掛けるスマート家電!

昨年、パナソニックが国内メーカーの先駆けてとして、スマホの活用を主とするネットワーク対応のシロモノ家電、「スマート家電」シリーズを展開しましたが、東芝もいよいよい本格参戦です。

そもそも東芝は、2002年から「FEMINITY」シリーズというネットワーク家電を発売し、その後ホームITシステムとして現在に至るまで展開しています。

今回のスマート家電シリーズは、この「FEMINITY」と連携するサービス(別売のITアクセスポイントとHAアダプタが必要)というわけ。

ざっくりできることは、ドラム式洗濯乾燥機の『ヒートポンプドラム ZABOON TW-Z96X1』で、フィルターの目詰まりなどをメールで教えてくれる「故障予知機能」やタブレット端末などから直接修理センターに修理の依頼を行なう通知機能を装備。

01-25d33
東芝
ヒートポンプドラム ZABOON TW-Z96X1
実勢価格:34万8000円 11月20日発売

エアコンの『プラズマ空気清浄エアコン 大清快 GDRシリーズ』では、外出先からの遠隔操作に加え、室温が32℃以上になるとメールで知らせる「見守りサポート」機能も備えます。

02-5816b
東芝
プラズマ空気清浄エアコン 大清快 GDRシリーズ
11月上旬発売

そして、冷凍冷蔵庫の『VEGETA GR-G56FXV/GR-G51FXV』では庫内に別売のカメラユニットを設置することで、外出先から庫内の様子を確認できるようになるなど、パナソニックのスマート家電シリーズとはまたひと味違った機能展開で注目を集めそうです。

03-e5352
東芝
VEGETA GR-G56FXV/GR-G51FXV
実勢価格:32万8000円(GR-G56FXV)/30万8000円(GR-G51FXV)
9月下旬発売

ということで、パナソニックに続き、東芝もスマート家電に本格参入したことにより、いよいよこのカテゴリも競争が激化していくでしょう。

シロモノ家電は人の生活に密接に関わってくるモノ。シロモノ×ネットワークが、我々のライフスタイルに与える影響は計りしれません。今後の展開含めて、要チェック! であることは間違いないのです!

※サービスを利用するには「フェミニティ倶楽部」への登録が必要で、登録料1000円と月額500円のランニングコストがかかります。