大容量モデル発売、新しい『nasne』 3つの見どころ!

ヤツとはもう長い付き合いになる……
トルネ歴3年、レコーダー担当の柳です。

先日の国内向け発表会で、『PS4』を始め
ソニー・コンピュータエンタテインメント怒濤の新製品ラッシュが明らかにされましたが…
それと同日にひっそりと(!?)発表されたこちらのアイテム。

01
ソニー・コンピュータエンタテインメント
ネットワークレコーダー&メディアストレージ

『nasne(ナスネ) 1TBモデル』
価格:2万3100円  10月10日発売

(プレスリリース)
http://www.scei.co.jp/corporate/release/pdf/130909i.pdf

これ、皆さんご存知でしたか?
従来の500GBモデルからHDD倍増の、『nasne』1TBモデルです。

見た目は従来モデルと同じだし、機能も共通なので
「な~んだ…」とリアクションしちゃう人も多いかもしれませんが
レコーダーの世界では「容量違い=全くの別モデル」ですしね!
HDD容量とてもだいじ。

02
▲新モデルのパッケージ内容。『torne』アプリケーションディスクは同梱じゃなくなったんですね~。
(アプリのダウンロード用プロダクトコードを同梱するスタイルになりました)

機能は従来モデルと共通、と書きましたが
10月10日の新モデル発売に合わせて、『nasne』システムソフトウェアが「バージョン2.00」にアップデート
これにより機能が多数追加されます! 今回はここが見どころ。

・新機能1 「Anytime Access」
外出先のネットワーク(Wi-Fi/3G)からでも、自宅の『nasne』に保存されたコンテンツが見られるようにする機能。いわゆる“リモートアクセス”です。
Android端末と『PS Vita』用に対応アプリが無償提供されるそうです。

なお、ここでいうコンテンツとは「フォト/ミュージック/プライベートビデオ」のことで、
『nasne』で録画したテレビ番組は対象外です。将来的にここにも対応してくれるとビッグニュースになるのですが……。

・新機能2 「nasneシェア」
異なる場所に設置してある2台の『nasne』のコンテンツを、インターネットを通じて同期させられる機能。
これはいわゆる“パーソナルクラウド”で、「Dropbox」……というか「Pogoplug」っぽい感じですね。

ちなみに、こちらもテレビ番組ではなく写真やプライベートビデオといったコンテンツに限られた機能です。

・新機能3 「デジタル本棚」
電子書籍ストア「Reader Store」で購入したブックデータの外部ストレージとして『nasne』を利用できるようにする機能。
電子書籍を買ったら『nasne』の潤沢なストレージ(HDD)に保存しておいて、
『Reader』からネットワーク経由で読みに行けるというわけです。

まさかレコーダーのHDDに電子書籍を保存しちゃうとは……。常時データを見に行けるNASならではの発想ですね。

…………そうなんです。
今回はどの新機能もテレビの録画に絡んでこない! 逆に画期的というか、
“ネットワークレコーダー&メディアストレージ”
を名乗る『nasne』の、“メディアストレージ”の部分が本気を出してきたんでしょうね。

「とりあえず『nasne』になんでも保存しておけば、
家中どこの端末からでも見れるし、今度は家の外の端末からでも見れるようになるし、
これからはここが最高のデータ置き場になりますよ!」
というメッセージなのだと受け取りました。

確かに、これだけいろいろできるんだったら、録画以外にも活用してみようかなぁ。
外付HDDももっと増設しちゃおうかなぁ。という気になってきました。
次は録画まわりの進化も期待したいけど……
ひとまず10月10日、新しくなる『nasne』楽しみにしてます。