『Surface 2』&『Reader』、進化した板が発表に!

どうもー。板物(タブレット)担当の小林ですー。
今回は本日発表された板をご紹介します。
まずは、米マイクロソフトが発表した『Surface 2』と『Surface Pro 2』。名称からもわかると思いますが、2013年3月に日本で発売された『Surface RT』と、2013年6月に発売された『Surface Pro』の後継機です。“2”なので、もちろんスペックは進化していますが、新アクセサリーも発表されているのでそちらも注目ですよ。

■Surface 2

ph01

『Surface 2』は、プロセッサが「Tegra 3」から「Tegra 4」へと変更され処理能力が向上したほか、ディスプレイがフルHDに。バッテリー駆動時間も10時間に延長されるなど基本機能が強化。「Surface」シリーズの特徴とも言える「キックスタンド」は、2段階の角度調節が可能となったのもポイント。これにより、机の上だけでなく、膝の上などに置いても安定しそうですね。

ph02

そのほか、本体サイズは厚さが0.5mm薄くなり、重さは1.49ポンド(約676g)以下となり、前モデルより薄型軽量化を実現。本体色も新たにシルバーが追加されています。OSはもちろん「Windows RT 8.1」をプリインストール。従来同様「Office 2013 RT」も標準搭載しています。

■Surface Pro 2

ph03

『Surface Pro 2』は、プロセッサが第3世代の「Core i」から第4世代(Haswell)へと変更。バッテリー駆動時間が最大60%延長されています。また、容量8GBのメモリーを搭載するモデルも用意され、この場合、SSDも最大512GBを選択できるそうです。

■アクセサリー

本体だけでなく、新しいアクセサリーも発表されています。有線LANコネクタやUSBポートなどを備えた専用の『ドッキングステーション』、キーボード兼カバーにバッテリーを内蔵した『パワーカバー』、そしてバックライトを内蔵したシートタイプのキーボード兼カバー『タッチカバー2』といった製品です。
『パワーカバー』は、『Surface 2』『Surface Pro 2』『Surface Pro』に接続することで、バッテリー駆動時間を最大50%延長できるとのこと。ちなみに、キー部分はメカニカルタイプなので、既存の『タイプカバー』に似た構造なのかもしれません。

ph04
▲『ドッキングステーション』

ph05
▲『パワーカバー』

ph06
▲『タッチカバー2』

なお、『Surface 2』と『Surface Pro 2』は、米国で現地時間の24日に予約を開始し、欧米などの21カ国で10月22日に発売される予定。米国での価格は『Surface 2』が449ドル~、『Surface Pro 2』が899ドル~とのこと。
日本での発売についてはアナウンスされていないが日本マイクロソフトのSurface担当者がTwitterで、「Surface新製品の日本での発売については、発表できるタイミングになりましたら、当アカウントよりあらためてお知らせいたします。お楽しみに!」と、ツイートしているので、国内発売の可能性は十分にありそうですよ!

さて、本日発表されたもう1つの板は、ソニーの電子書籍リーダー『Reader PRS-T3S』です。2013年10月4日発売で、予想実売価格は1万円前後。

ph07

『PRS-T3S』は、6型電子ペーパーを採用したモデルです。画面サイズは従来モデルの『PRS-T2』と同じですが、解像度が従来の600×800ドットから758×1024ドットへと変更となり、精細さがアップ。白黒反転の回数も従来の15ページに1回から、4時間に1回へと減少し、ストレスなく読書ができちゃいます。加えて、サイズがW107×H160×D8.8mm、重量160gとよりコンパクトかつ軽量になっています。

ph08ph09
▲別売にはなるが、本体の背面に取り付けられるカバーが用意される。カバーの開閉で本体のスリープをオン/オフできるようになったのもポイントです。

『PRS-T3S』の発表に合わせて、販売ストアの「Reader Store」も明日24日に刷新される。ソーシャル機能が組み込まれ、レビューの投稿が行なえるようになるとのこと。さらに、そのレビューを読んだ他のユーザーがその本を購入すると、購入額の5%分のポイントをレビュワーに付与する仕組みが採用されるそう。
また、iOS向けのReaderアプリも10月中旬を目処に提供が始まる予定だそうです。