第2回 NON STYLE 井上裕介(1980年3月1日生まれ)その1

氷河期世代でもあるポスト団塊ジュニア(1975年4月~1980年3月末生まれ)のあの人に、子供として過ごした1986年から1991年頃までの日本が好景気に沸いていたいわゆるバブル時代について、同世代が聞くインタビュー連載。第2回はお笑い芸人として数々のタイトルに輝く一方、「よしもとブサイクランキング」など数々の負のランキングも総なめ。今年8月26日には個人初の著書『スーパー・ポジティヴ・シンキング』(ヨシモトブックス)が発行されたNON STYLE井上裕介さんです。

ent20131002_1井上さんバナー

<プロフィール>
1980年3月1日、大阪府生まれ。お笑いコンビNON STYLEのツッコミ担当。中学生の時に出会った相方・石田明と2000年5月にコンビ結成。以来、2007年「爆笑オンエアバトル チャンピオン大会」優勝、2008年「オートバックスM-1グランプリ2008」優勝など、数々のタイトルを獲得。そして近年では「よしもとブサイクランキング」2年連続首位など、数々の負のランキングを総なめし、ナルシストキャラがブレイク中。8/26(月)には個人として初の著書『スーパー・ポジティヴ・シンキング』(ヨシモトブックス)を上梓した。


 

NON STYLEの井上さんと言えば自称イケメンキャラの愛されキャラ。思い出すのは我々の記憶にもかつてクラスに一人はこういうお調子者の友だちがいたということ。学校の先生をうっかり「お母さん」と呼んでしまうような、牛乳を飲んでいる友達を無理やり笑わせるような、井上さんもそんなひょうきん者だと思いきや……。

―小学生の頃がいわゆるバブルの時代ですが、小さい頃はどんな性格だったのですか?

目立ちすぎず、でも地味すぎず。ほんまその辺にいる平平凡凡な子供でしたね。勉強はどちらかというと嫌がるタイプでしたけど。

―かけっこが速かったりとかもなく?

速いほうでしたけどクラスで一番かというとそうでもない。どこにでもいるような子供でしたよ。

―モテない?

モテるとかモテないとか、小学校の頃はそういうのも意識すらせえへんかった。

―相方の石田さんは井上さんのことを「女子が近くにいると声が大きくなるやつ」と言ってますが。

それは異性を意識し出した中学生の頃からです(笑)。小さい頃はただ母親と一緒に卓球をやったり。

―なんか地味ですね(笑)。

昔は日曜日に学校の体育館を開放してたじゃないですか? 友達がみんな予定があって遊べなかった時に母親に連れられてよく卓球やってました。卓球は中学生の時も部活でやりましたし、すばらしいスポーツですよ。

ent20131002_3

―ずっと卓球をやってたんですか?

高校の頃はバスケ部でした。

―それは『SLAM DUNK』の影響で?

それ、高校に入って先輩からも言われたんですけど、当時、本当に『SLAM DUNK』のこと知らなかったんですよ。

―ジャンプ黄金期だったのに?

当時、漫画はあまり読んでいなくて。俺は小学生の頃はただ純粋にポートボールが好きで、でも中学にはバスケ部がなかったんで、それで高校からバスケ部。

―同じ時期に「エア・ジョーダン」とかバッシュブームもありましたよね?

僕はレイカーズの筆箱使ってました。

―まさかのマジック・ジョンソン好きとか?

いえ、そういうのは知らないです。ただバッシュは買ってもらえなかったんですけど、筆箱はどうしてもいるもんじゃないですか? だから黄色のレイカーズ。

―じゃあ放課後はポートボール?

主にドッジボールとポートボールですね。給食の後の休み時間にもやってましたし。

―羨ましい! 僕は給食を食べるのが遅くて、「全部食べるまで遊んじゃいけません!」っていう変な先生ルールがあって。

そういうのあったなー。給食の話で言えば、嫌いな食べ物が出た時はビニール袋に隠し入れてグラウンドに埋めてたのを思い出した(笑)。

―なぜ埋める(笑)。

持って帰ったら罪悪感というか母親に怒られるし。ずっと持ってると証拠を持ち続けることになるんで、どっか道端に捨てるというより、グラウンドの端っことか草むらとかに埋めてて(笑)。

―逆に給食で好きだった食べ物は?

ゴムみたいな焼きそばですね。輪ゴム食うてんじゃないかっていうぐらいゴムみたいな焼きそばが昔あったんですよ。箸で挿したらそのまま持ち上がるやつ。あれ好きだったなぁ。

―その頃に流行ったものって覚えてますか?

キョンシー作品はめっちゃ観てました。「霊幻道士」か「幽幻道士」か未だにどっちかよくわからないですが。ほんとに怖くて寝れなかった。もうベタに寝る時、息止めようとしたり。

―息を吐くとみつかっちゃうから(笑)。

そうそう(笑)。あと自分でお札書いて貼ったり。俺の場合は鉛筆で書いてましたけど。
ent20131002_4

―好きなアイドルとかお笑い芸人はいたんですか?

あまりそういう方向ではいなかったですね。どちらかというと光GENJIに憧れてるような小学生でした。

―誰派だったんですか?

やっぱり、かーくん(諸星和己)ですね。

―当時かーくんの人気が絶大で、それ以外で誰派か分かれてなかったですか?

いやいや、かーくん以外ありえへん。僕は下敷きも持ってましたし。

―ローラースケートもやってたんですか?

もちろんやってました。それでかーくんのようなヘアバンドが欲しかったんですけど、小学校低学年の頃はそれがヘアバンドだという認識がなくて。それで頭に何か巻けるものを身の周りで探してたら、ちょうど母親が洗いものをするときに袖を留める銀のバンドみたいなのがあったんですよ。それを無理矢理伸ばして頭に付けてましたね(笑)。

―えーー!! あれ痛くないですか?

ほんまめっちゃ痛いんです。あんな痛いのに光GENJIさんは笑顔でローラースケートを滑ってると。尊敬してましたね。あんな痛いものを頭に巻きながら笑顔で歌えるってアイドルってすげーって。

―でも、なぜ男子なのに光GENJI?

母親が女の子が欲しかったらしく、女の子のように育てられたからじゃないですかね。光GENJIも母親が観ていたテレビ番組の影響だと思います。

―光GENJIがデビューした87年ですと、ほかにも全盛期のアイドルがたくさんいましたよね?

一応キョンキョンとかも好きでした。でも誰がというより、アイドルという輝かしい世界に魅せられてた。スポットライトを浴びるような人たちに。芸人になった今があるのは、昔からそういう世界に憧れてたからかもしれないですね。

その2へつづく。次回更新は10月9日予定です。

インタビュー・文/瀧佐喜登(1977年3月18日生まれ) 人物撮影/海老澤芳辰


Information

新スタイルの自己啓発指南書 8/26(月)より好評発売中!

ポジティブ_カバー.indd
『スーパー・ポジティヴ・シンキング~日本一嫌われている芸能人が毎日笑顔でいる理由~』
定価:1200円
発行:ヨシモトブックス
発売:ワニブックス
ご購入はこちらから>>>

―『スーパー・ポジティヴ・シンキング』。どんな内容の本ですか?

井上「考え方一つ変えるだけで楽しく生きられるよってことを書いています。いくつか選択肢を前にした時、どれが楽しいかってことを考えて選んでいけば、最終的に楽しい人生が送れるんじゃない? っていう提案ですね」

―Twitterやブログの炎上話とか聞くと本当にひどい言葉が飛んできているのに、スーパー・ポジティヴ・シンキングですよね。

井上「あれも、面白いと感じるのか凹むのか、とらえ方一つでものごと変わってくると僕は思うので。だったら僕は面白く返したほうが楽しいと思うんです」