ニコ動にも最適! 「自分を撮る」ことに特化したビデオカメラの実力とは?

キヤノンの『iVIS mini』は、手に持って何かを撮影するのではなく、床などに置いて“自分を撮ること”に特化した、新たなニーズを切り拓くビデオカメラ。

画角や映像を確認するためのモニタは角度調整が自在なバリアングル式を採用、置き撮りに対応するためスタンドも内蔵している。カメラを置いたままスマホでのリモート操作にも対応。

また、左右を反転させ、ダンスの動きやコードのチェックなどをしやすくする「ミラーイメージ機能」も搭載。広い範囲が収められるように、対角画角は約160度とこれまでにないワイドアングルに対応しており、バンドの演奏シーンや舞台なども全て収めることができる。

ダンスや歌、演奏などを撮影し、自分で振り付けの確認などに使えるほか、撮影した映像をWi-Fi経由でSNSなどに簡単に公開できるのが魅力だ。

キヤノン『iVIS mini』(実勢価格=2万9980円【オンラインショップ限定】)
キヤノン『iVIS mini』(実勢価格=2万9980円【オンラインショップ限定】)