第2回 NON STYLE 井上裕介(1980年3月1日生まれ)その3

氷河期世代でもあるポスト団塊ジュニア(1975年4月~1980年3月末生まれ)のあの人に、子供として過ごした1986年から1991年頃までの日本が好景気に沸いていたいわゆるバブル時代について、同世代が聞くインタビュー連載。第2回はお笑い芸人として数々のタイトルに輝く一方、「よしもとブサイクランキング」など数々の負のランキングも総なめ。今年8月26日には個人初の著書『スーパー・ポジティヴ・シンキング』(ヨシモトブックス)が発行されたNON STYLE井上裕介さんです。

ent20131002_1井上さんハ?ナー

<プロフィール>
1980年3月1日、大阪府生まれ。お笑いコンビNON STYLEのツッコミ担当。中学生の時に出会った相方・石田明と2000年5月にコンビ結成。以来、2007年「爆笑オンエアバトル チャンピオン大会」優勝、2008年「オートバックスM-1グランプリ2008」優勝など、数々のタイトルを獲得。そして近年では「よしもとブサイクランキング」2年連続首位など、数々の負のランキングを総なめし、ナルシストキャラがブレイク中。8/26(月)には個人として初の著書『スーパー・ポジティヴ・シンキング』(ヨシモトブックス)を上梓した。


ワンレンにボディコン、テレビをつければゴールデンタイムにおっぱい……子供には刺激的すぎるものがあふれていたあの頃、小学生の頃は奥手だったという井上さんはどのようにして性に目覚めたのか?

―小学生時代最大のエッチな事件と言えば、やっぱり1991年のあれですか?

『Santa Fe』ですね(笑)。

ent20131016_1

―誰かが学校に持ってきたパターン?

ませた奴がね。それを屋上に上がって男子7、8人で見ました。ちゃんとした女性の裸を見たのは『Santa Fe』が初めてかもしれない。

―僕は堂々と見ていいエッチな本と思ってました(笑)。

衝撃的でしたもん。僕らの周りはそういうエッチな本とか見る人はいなかったですけど、そんな奴らでも誰かが学校に持ってきてた。「なんやこれ、なんやこれ」と言いながらも、みんなすごく見たそうにして(笑)。

―没収されなかったですか?

されてたかな。この事件の後に、高岡早紀の写真集を持ってきた奴がいて、それも大騒ぎ。学級会で問題になるぐらい。女の怖い先生が怒りながら、勉強もせずに何見てるんだって、ヒステリックに叫んでました。

―奥手とかいいながらけっこう見てるじゃないですか?

いやいや、高岡早紀は僕らの隣のクラスの話ですよ。放課後に隣のクラスの友達を待ってて、「なんで遅いんやろ」って思ってたらそれで怒られてた。僕らのクラスは先生の辞書のセックスってとこに赤線引くぐらい(笑)。

―山に捨てられてたエッチな本とかも見なかったんですか?

それはなかったんですよ。だいたい捨てられてる場所ってのが、例の行ってはいけないと言われてた堤防の付近だったので。

―親なりのバリア(笑)。

絶対行ったらあかんって、子供の頃から刷り込まれてたのはそういうことだったのかも(笑)。

―高学年になると友達の中でもエロ番長みたいなのが現われるじゃないですか?

いたいた。でも一人ぐらいだったかな。『Santa Fe』持ってきたのもそいつかもしれないけど、なぜか誰が持ってきたのか全然覚えてないんですよ。見た記憶だけ強烈に残っている。

―じゃ、そういうビデオとかも観てないんですか?

小学校の頃はさすがに観てないですよ。初めてビデオを観たのは中1ぐらい。

―やっぱり友達の家で?

男10人ぐらいでお金持ちの友達の家に行こうってなったんですけど、その時、目的は知らなかったんですよ。そしたらそれがエッチなビデオ鑑賞会で。

―本当は知ってたんじゃないんですか? 僕は知らないふりして行ってましたよ(笑)。

いやいや。だっていきなり洋モノですよ! しかも無修正の。忘れもしない、画面の真ん中で男女が……。

―そんな詳しく話すんですか? 別にいいですけど……。

だって、そりゃ衝撃でしたもん。男女がイチャイチャしてるんですけど、その周りにいろんな人種の男たちがただ立って「ヘイヘイヘイ」って煽ってるんですよ。

―何のために?

知りませんよ(笑)。それが一番おもろかった。それで最後に男が果てると「ブラボー!」って大盛り上がり。

―井上さんが?

違う違う、その周りの男どもが!

―それはまたある意味衝撃ですね。

それとはまた違う機会に観たのも衝撃やったなぁ。

―やっぱりけっこう観てるんじゃないですか?

いやいやそれだけ! 次のやつは男が全身サランラップで巻かれてるんですよ。一応あっちだけは立派になってるんですけど、その後ろでなぜか高枝切り鋏を持った女がチョッキンチョッキンしながら迫ってくる映像で。

―え?

怖い怖いって思いながらも、この後どうなるんやって期待してたら、いきなり画面が変わって10分ぐらいバスケの試合が流れたんですよ!

―え?

普通のバスケの試合映像に。なんやこれ!ってなって。

―友達のお父さんが間違って上書き録画したんじゃないですか?

そうかもしれないし、そうじゃないぐらいマッチしてたような気もする。

―それでどうなるんですか?

バスケの試合が終わると画面がまた変わってある港のシーンに移るんですが……。

―まさか例の行ってはいけない堤防の?

んなわけない! 洋モノだし!

―続きなんですね?

そこにさっきのサランラップ男がピョンピョン飛び跳ねながらチョキチョキ女から逃げている。そして男は海に落ちて溺れて死ぬ。finっていうビデオ。

ent20131016_2

―今回のインタビューで一番熱く語ってますが(笑)。

確かに(笑)。でも何がエロいのか何が正しいのかも覚えてなく、断片的に残っている記憶が今甦ったからですよ。

―それが初めてのエロ体験?

ファーストエロインパクトですね。そっから夜中にこんなエッチな番組あるよって友達に教えられてハマっていきましたね。

―むっつりタイプだったんですか?

そんなタイプがあることすら知らなかったです。「毎度おさわがせします」で、ピンピロリンって効果音がなるじゃないですか?

―もっこり(笑)。

あのタイミングで僕もそうなってたんですけど、なんでこんな気持ちになってるかはわからなかった。それが性的興奮だと後々知ったんです。

―この世代の子供はだいたいそうですね。

僕ね、そんなにエロじゃなかったんですけど、初めて買ったCDはエロが関連してるんですよ。

―どういうことですか?

初めて買ったのはtrfの『CRAZY GONNA CRAZY』だったんです。

―なぜに?

曲はあまり関係ないんですが、当時よく観てたドラマ、タイトルすら覚えてないんですけど(※注:『我慢できない!』)、それの主題歌だったんです。それが異常にベッドシーンが多いエッチなドラマで。そのドラマで『CRAZY GONNA CRAZY』がずっと流れてて、勢いで買うてしもた(笑)。

―エロが違う方向にいってますね(笑)。

僕も中学に入ってようやく自分の部屋とテレビができたので、自分でチャンネル選択できるようになったんですよ。エロも音楽もドラマもやっぱりテレビからの情報が絶大でしたので。多感な時期に観たものはほんと影響でかいですよね。

その4へつづく。次回更新は10月23日(水)予定です。

インタビュー・文/瀧佐喜登(1977年3月18日生まれ) 人物撮影/海老澤芳辰


Information

新スタイルの自己啓発指南書 8/26(月)より好評発売中!

ポジティブ_カバー.indd
『スーパー・ポジティヴ・シンキング~日本一嫌われている芸能人が毎日笑顔でいる理由~』
定価:1200円
発行:ヨシモトブックス
発売:ワニブックス
ご購入はこちらから>>>

―『スーパー・ポジティヴ・シンキング』。どんな内容の本ですか?

井上「考え方一つ変えるだけで楽しく生きられるよってことを書いています。いくつか選択肢を前にした時、どれが楽しいかってことを考えて選んでいけば、最終的に楽しい人生が送れるんじゃない? っていう提案ですね」

―Twitterやブログの炎上話とか聞くと本当にひどい言葉が飛んできているのに、スーパー・ポジティヴ・シンキングですよね。

井上「あれも、面白いと感じるのか凹むのか、とらえ方一つでものごと変わってくると僕は思うので。だったら僕は面白く返したほうが楽しいと思うんです」しいと思うんです」