第2回 NON STYLE 井上裕介(1980年3月1日生まれ)その4

氷河期世代でもあるポスト団塊ジュニア(1975年4月~1980年3月末生まれ)のあの人に、子供として過ごした1986年から1991年頃までの日本が好景気に沸いていたいわゆるバブル時代について、同世代が聞くインタビュー連載。第2回はお笑い芸人として数々のタイトルに輝く一方、「よしもとブサイクランキング」など数々の負のランキングも総なめ。今年8月26日には個人初の著書『スーパー・ポジティヴ・シンキング』(ヨシモトブックス)が発行されたNON STYLE井上裕介さんです。

ent20131002_1井上さんハ?ナー

<プロフィール>
1980年3月1日、大阪府生まれ。お笑いコンビNON STYLEのツッコミ担当。中学生の時に出会った相方・石田明と2000年5月にコンビ結成。以来、2007年「爆笑オンエアバトル チャンピオン大会」優勝、2008年「オートバックスM-1グランプリ2008」優勝など、数々のタイトルを獲得。そして近年では「よしもとブサイクランキング」2年連続首位など、数々の負のランキングを総なめし、ナルシストキャラがブレイク中。8/26(月)には個人として初の著書『スーパー・ポジティヴ・シンキング』(ヨシモトブックス)を上梓した。


ケータイもインターネットも普及していなかったあの頃、テレビやラジオで流れる情報に影響され、マスコミで取り上げられる流行に従うのがナウかった。特に80年代はバラエティ番組の黄金時代。井上さんは何を観て育ったのか?

―土曜の夜8時はどっちを観てましたか?

『全員集合』のほうですね。父親の影響で『8時だョ!全員集合』がついてましたし、僕も大好きでした。

―『オレたちひょうきん族』は全く?

放送の終わり間際しか観てなかったです。でもなぜか記憶には残ってるんですよね。片岡鶴太郎さんがおでん食ってたりとか、明石家さんまさんのブラックデビルとか。後期になると『ひょうきん族』のほうを観てました。

ent20131023_1

―自分の部屋にテレビがやってきた中学以降はどんな番組を観てましたか?

『すんげー!Best10』って関西ローカル番組があって、千原兄弟さんがMCやってたりしたんですけど、これがほんま面白かった。

―誰が出てたんですか?

陣内智則さんとか、ケンドーコバヤシさん、ジャリズムさん、中川家さん、サバンナさん、メッセンジャーさんとか、今テレビで売れてる方が若手の頃に出てた伝説の番組でしたね。

―どんな内容だったんですか?

みんながおのおのユニットコントとかネタを20本やった中から、お客さんの投票で10本だけがオンエアされる。

―『爆笑オンエアバトル』みたいな?

関西では誰もが知っていた番組で、これ観とかないと次の日の休み時間、話題に乗り遅れるぐらいの。

―休み時間の「昨日あれ観た?」は恒例でしたよね。

ほかに好きだったのが、『テレビのツボ』という番組がありましてね。ぜんじろうさんがやってた関西ローカルなんですが、その日一日の大阪のテレビを24時間チェックする人が1チャンネルごとに一人ずついるんですよ。その中で一番面白かったのはこれですって紹介する番組(笑)。テレビを観てなくても『テレビのツボ』を観たらある程度わかるみたいな。

―他局の番組も紹介するんですか?

そうそう、それを月曜日から金曜日の帯でやってた。ほんまに今考えるとハチャメチャなことやってますよね。それにチャンネル君ってのが出てたんですけど、その中の一人が藤井隆さんだったんですよ。当時は普通の一般人として出てましたね。

―これも深夜番組なんですか?

そう。僕、これ観てたから身長伸びなかったと思うんですよ。夜更かししてたから成長ホルモンが分泌されなかったと。

―ラジオは聞いてなかったんですか?

受験勉強の時によく聞いてた。ABCラジオの『ABCミュージックパラダイス』ってのと、OBCラジオで『OBCブンブンリクエスト』ってのがあって、この2つをザッピングしながら聞いてましたね。でも「オールナイトニッポン」は1回も聞いたことないんです。

―リクエストもしてたんですか?

そこまではしてない。当時の流行りの曲が流れるんで、それが聞きたくて。CD買うお金はないんでラジオを録音して聞くために(笑)。

―思い出の曲は?

受験勉強しながらなんであんまり。

―ないじゃないですか(笑)。

強いて言えば、『邦ちゃんのやまだかつてないテレビ』でもよくかかってた『愛は勝つ』じゃないですかね。替え歌もようやってたし。

―愛はチキンカツ(笑)。

最後にチキンカツじゃなかったっけ(笑)。
ent20131023_2

―芸人になったきっかけは、やっぱりお笑い番組が好きだったからなんですか?

テレビの影響でお笑いが好きになって、高校卒業後に吉本の養成所に行こかって悩んだんだけど、大学に合格したんで行かへんかった。で、大学でバンドやってライブハウス回ったりして音楽活動に精を出すようになっていった。

―今、音楽活動もしてるのも、その頃からなんですね。

バンドは大学の頃からやってたのが結局解散になって。でも一度そういう華やかなとこに立つと、またそこに立ちたいと思うようになるんですよ。

―さすが光GENJIに憧れてただけある(笑)。

それで何を思ったか、路上で石田と漫才を始めたのがきっかけです。

―当時、石田さんに「俺ギターやるからお前ベースやれ」って言ったとウィキペディアに書かれてますが(笑)。

ようはバンドとかお笑いとかじゃなくて、楽しいことをやりたかった。だから路上で歌ったり漫才やったり、いろんなことをしようぜって。大学生の軽いノリの遊びですね。それで漫才やってたら、ある日酔っぱらいのおっさんに漫才についてものすごい説教をされたんですよ。

―それもウィキペディアに書かれてました(笑)。

そいつを見返すために漫才だけで行ったろって思ったんです。

―その後の活躍は誰もが知るところだと思いますが、『オートバックスM-1グランプリ2008』で優勝した後のモチベーションは何になるんですか?

よく言うのが『M-1』は高校野球で言う甲子園みたいなもんなので、甲子園で優勝したから次はプロで活躍するチャンスをもらえたぐらいの感覚。明確な目標はなくなりましたけど、わかりやすい大きなライバルが増えたと。やることは一緒ですから。

―最後にバブル期を振り返って。

振り返って思うのは、やっぱバブル期のテレビってほんと馬鹿馬鹿しいのが多かったし、意味のないというか、お金があったからかもしれないですが、ただただ楽しさだけを追求した番組が多かったなって思います。今の時代はそういうわけにもいかなくて。でも芸人は特に、お笑いをがんばって日本を元気にしなければって常に思う。またああいうテレビが復活するような、バブルの頃のような楽しさを追求した番組が増えるように、僕ら芸人は努力しなければならないなって思います。

おわり

インタビュー・文/瀧佐喜登(1977年3月18日生まれ) 人物撮影/海老澤芳辰


Information

新スタイルの自己啓発指南書 8/26(月)より好評発売中!

ポジティブ_カバー.indd
『スーパー・ポジティヴ・シンキング~日本一嫌われている芸能人が毎日笑顔でいる理由~』
定価:1200円
発行:ヨシモトブックス
発売:ワニブックス
ご購入はこちらから>>>

―『スーパー・ポジティヴ・シンキング』。どんな内容の本ですか?

井上「考え方一つ変えるだけで楽しく生きられるよってことを書いています。いくつか選択肢を前にした時、どれが楽しいかってことを考えて選んでいけば、最終的に楽しい人生が送れるんじゃない? っていう提案ですね」

―Twitterやブログの炎上話とか聞くと本当にひどい言葉が飛んできているのに、スーパー・ポジティヴ・シンキングですよね。

井上「あれも、面白いと感じるのか凹むのか、とらえ方一つでものごと変わってくると僕は思うので。だったら僕は面白く返したほうが楽しいと思うんです」しいと思うんです」