ついにフルサイズのミラーレスが登場!

カメラ担当の増谷です。
秋はカメラの新製品が数多く発表される時期。

そんな中、今年の秋モデルで最注目なのは、なんと言っても35mmフルサイズセンサーを搭載したミラーレス機、ソニーの『α7』と『α7R』でしょう!
ついにミラーレスもフルサイズの時代に突入しました。

blog20131017_1
ソニー
α7
実勢価格:14万9800円【ボディ】、17万9800円【レンズキット】
像面位相差AFを搭載した2430万画素CMOSを採用。

blog20131017_2
ソニー
α7R
実勢価格:21万9800円【ボディ】
こちらはローパスフィルターレスの3640万画素CMOSを搭載。像面位相差AFは非搭載です。

センサーの大きさはそのまま画質に影響するので、カメラ担当としてはやはりフルサイズ機には憧れます。

ただ、これまでのフルサイズ機は、大きさと重さ、それに価格という大きなハードルがありました。
いくら良い画が撮りたいといっても、フルサイズの一眼とレンズを持ち歩くとなると、1kgを超える荷物になるものが多い。
少なくとも、気軽に持ち歩けるものではありません。
価格面でも、レンズキットで軽く20万円を超える買い物ですから、ポンと出せる金額ではありませんでした。

でも、それがミラーレスで実現したことで、サイズと重量の問題は大きく改善。
どちらも本体のみで500gを切る重さで、サイズ的にも、いつもカバンに入れて置けるというほどではないものの、圧倒的に気軽に持ち歩ける感じ。

価格面でも、『α7』ならレンズキットで18万円を切る実勢価格になっています。
この価格を聞いて、ボーナスから割り振る金額の算段を考え始めた人も多いのではないでしょうか?

最後に個人的に触ってみた感想を少しだけ。
フルサイズ機としては圧倒的に軽いのですが、レンズを装着した状態でのバランスも良く、しっかり手に馴染む感じ。
軽いカメラにありがちな不安感や、レンズを装着した際の不安定感が一切ありません。
UIも「α」シリーズと「RX」シリーズの良いとこ取りな感じで、非常に使いやすい。
今まで触ったカメラの中でも1、2を争うわかりやすさでした。

詳細については、10月25日発売の『デジモノステーション』できっちり紹介しておりますので、発売日をお待ちください!