音声読み上げ、液晶2つ!? 変わり種電卓がいまアツイ

今年も継続中のデジタル文具ブーム。計算した内容を音声で読み上げてくれたり、2つの液晶でそれぞれ計算ができたりと、使うシーンは限定されるが、はまれば意外に実用的な変わり種の計算機にも注目が集まっている。普段の仕事に取り入れれば、思いがけない時にあなたをアシストしてくれることがあるかも。

●カシオ『ツイン液晶電卓 JV-220W-N』(実勢価格=2480円)
液晶が2つ搭載されており、それぞれで計算を行うことができる。片方の画面で計算した結果をもう片方にコピーする画面メモ機能があり、検算などに活用できる。太陽電池と補助電池を併用しているため、計算途中で光が遮られても計算内容は消えない

●Asmix『音声電卓 C1218』(実勢価格=1980円)
計算した後にボタンを押すと、計算内容を自動的に音声で読み上げてくれる電卓。領収書の計算が間違っていないか検算する際などに便利だ。ヘッドホン端子が搭載されており、オフィスでも周りに迷惑をかけず使用できるのが◎。読み上げの音量は3段階から調整可能だ

カシオ『ツイン液晶電卓 JV-220W-N』
カシオ『ツイン液晶電卓 JV-220W-N』