悩める名刺管理の最終手段!? ケタ違いに精度の高い「人力OCR」

必携のデバイスであるスマホだけでも、名刺整理を可能にするのが「名刺管理アプリ」。中でも『Eight』はカメラで撮影した名刺をオペレータが目で見て入力する「人力OCR」に対応している。しかも完全無料だ。

使い方は、まず同アプリを立ち上げ、名刺をカメラで撮影。その際、なるべく水平に文字が読みやすいように撮るのがコツだ。撮影した名刺はネット経由で『Eight』のオペレータに送られ、データ化される(現在は約2~3日かかる)。認識率は限りなく100%。

データ化された名刺はアプリ内の名刺管理機能で参照可能。ここから電話をかけたり、メールを発信したりできる。個別にメモを付けておくことも。『Eight』の名刺データにはPCからもアクセスでき、ここから情報の編集も行える。

『Eight』(iOS、Android対応/価格=無料)
『Eight』(iOS、Android対応/価格=無料)