ハイレゾのマイケル

すっかり秋めいて、読書や音楽を始め芸術作品にどっぷり身を委ねたい……、
あ、いや、ホントは食欲の秋が止まらない副編・石田です。

今日のお昼は大崎駅構内の「華らんたん」で「ちゃんぽん+麺大盛り+ミニチャーハン」でした。こんなんだから、どんどんお腹がブヨンとするんです……。

さて、話をデジモノ方向に戻しましょう。
今秋もたくさんの魅力的な新製品が発表されていますが、
中でも石田が今すぐに手に入れたいのは、ハイレゾ音源対応機器です!

理由は簡単! 音がとんでもなく良いから!

“なにを今さら”ではありますが、先日ソニーが発売する『HAP-S1』と『SS-HA1』のセットが、編集部に来ていたので試しに聴いたんですよ。

マイケル・ジャクソンの「Bad 25th Anniversary」を!

年代的に映画『ムーンウォーカー』直撃世代なので、「Smooth Criminal」のベースラインにヤラれ、「Man in the Mirror」のマイケルの歌声に鳥肌立ちまくり! ハイレゾ盤のマイケルはヤバい! これまた今さらですけど、ホントに天才の凄味を実感させられました。

ハイレゾは今まで何度も試聴して音が良いのは理解していたんですが、やはり配信されていた楽曲が限定的だったため、「いつかは自宅に展開しよう」のレベルだったんです。が、しかし! このマイケルの音源を聴くだけでも価値がある!

『HAP-S1(実勢価格:7万9800円)』と『SS-HA1(実勢価格:6万9800円)』のセットで、実勢価格が15万円弱ですか? 安いね! あの音、あの歌声が聴けるんだったら全然安い! お財布的にはもちろん厳しいけど、これは欲しいわ!

ハイレゾは録音状態のアラがよく出てしまうので、相応しくないパッケージ(悪いという意味ではなく、想定されているリスニング環境がそもそも違うので)もあるのでしょうが、やはりテクニックを持つアーティストの演奏を、名スタジオマンが真空パックして瑞々しい鮮度で届けてくれる音は、これからハイレゾで聴いていきたい!
と、今回の試聴で改めて実感しましたよ。

ということで、価格、機能、そして音を吟味しまくって、
自分にベストなハイレゾオーディオ環境を近々構築したいと思います!
ご報告は追って。

blog20131021_1
▲500GBのHDDを搭載したネットワーク&ハイレゾ対応のオーディオプレイヤー。

blog20131021_2
▲『HAP-S1』に最適なスピーカーシステム。広指向性スーパートゥイーターをダブルで搭載!

blog20131021_3
先週からハイレゾ配信が始まった「mora」。マイケル・ジャクソンの「Bad 25th Anniversary」を始め、多彩な楽曲が用意されている。