使える人には使えるニッチマウス3選、最新マウス事情

PCやスマホが急速に性能を高める中、その周辺機器も多様化し、独自の進化を遂げている。原稿がスキャンできたり、デジタル重量計を内蔵したり、果ては空中で利用できるものなど、マウスも一風変わったアイテムが次々と登場している。デジモノステーション編集部でもオススメのニッチマウスを3つ紹介したい。

●サンコー『キーボード搭載 空中マウス』(実勢価格=3980円)
ジャイロセンサーを内蔵しており、空中で本体を傾けることでマウスポインタを動かせる機能を搭載したコンパクトキーボード搭載空中マウス。ファンクションキーやマウス用クリックボタンなどが装備されている。プレゼンなどで役立ちそう

●キングジム『マウス型スキャナ MSC10』(実勢価格=6360円)
底面に小型スキャナを内蔵したマウス。側面のスキャンボタンを押して印刷物などの上をマウスでなぞると、その箇所をスキャンして画像データとして取り込むことができる。新聞や雑誌を切り抜くことなく、必要な部分だけをクリッピングしやすい

●上海問屋『デジタルスケール付き USB接続 光学式マウス DN-42135』(実勢価格=2499円)
デジタル重量計を内蔵したマウス。重量計は取り出して単体で使用でき、郵便物の重さを測るのに便利。物を載せてから0gにセットできる風袋引機能も搭載。0.1g単位で500gまで測定可能

サンコー『キーボード搭載 空中マウス』。マウス操作停止キーも搭載
サンコー『キーボード搭載 空中マウス』。マウス操作停止キーも搭載