技術革新で実現 「スポ電チャリ」選びのコツは?

1993年に電動アシスト自転車が発売されて今年で20年。当初は買い物や子供を乗せるための自転車というイメージが強かった電動アシスト自転車も、近年ではスポーツタイプのモデル「スポ電チャリ」も続々と登場している。

バッテリーの技術などが進化し、軽量な車体を実現することができるようになったのが大きな理由。「電動アシスト自転車は重い」というイメージは過去のものになりつつある。

アシストを制御するセンサーの技術も進化し、バッテリーが切れてもペダルが重くならない非接触式のセンサーが一般的になっている。さらに今期は、スピードセンサーとペダルを踏む力を計るトルクセンサーに加え、ペダルの回転も計測することで、より自然で効率の良いアシストを実現する「トリプルセンサーモデル」を搭載したモデルも登場。

そんな男性が乗っても満足できる「スポ電チャリ」、選ぶ際に気をつける点を長年電動アシスト自転車に関わってきた代官山motovelo店長・小峰さんに聞いてみた。

「電動アシストでもスポーツタイプのモデルは泥よけや鍵が付いていない車種もあるので、購入時にワイヤー錠を用意するなどそれなりの準備が必要です。また、定期的にギアやブレーキの調整などメンテナンスを行なう必要もあるので、ノウハウがありサービス体制も整った専門店で購入するのがおすすめです」とのこと。しっかりとした知識のある専門店で購入して、安心して「スポ電チャリ」を楽しもう。

ヤマハ『PAS BraceXL』(実勢価格=14万2800円)。チェーンが外れにくくメンテナンスフリーな内装8段変速を採用。今期モデルではトリプルセンサーも搭載し、バッテリー容量もアップ
ヤマハ『PAS BraceXL』(実勢価格=14万2800円)。チェーンが外れにくくメンテナンスフリーな内装8段変速を採用。今期モデルではトリプルセンサーも搭載し、バッテリー容量もアップ