『iPad Air』『iPad mini Ratinaディスプレイモデル』どちらを買うか悩ましい

10月22日にアップルから『iPad Air』と『iPad mini Ratinaディスプレイモデル』が発表されましたね。どちらを買うか、またはどのタブレットを買うか悩んでしまっているという人が多いのではないでしょうか。僕もそんな一人ですが……。ともあれ、タブレットの選択肢が充実してきているのはいいことですね。
そんなわけで、今回は『iPad Air』と『iPad mini Ratinaディスプレイモデル』のスペックをチェックしつつ、どっちを買うか悩んでみたいと思います!

●『iPad Air』

blog20131028_1

液晶ディスプレイは従来の「iPad」と同じ9.7型ですが、筐体デザインが一新されたことで、厚さ7.5mm(従来モデルは9.4mm)、重さ469g(Wi-Fiモデル、従来モデルは652g)と薄型&軽量化されているのが特長。表面のベゼル幅が小さくなり、狭額縁化されています。それに伴い、本体サイズもW169.5×H240×D7.5mm(従来モデルはW185.7×H241.2×D9.4mm)とコンパクトに。
プロセッサは『iPhone 5s』と同じ「A7」&「M7モーションコプロセッサ」の組み合わせを採用しています。バッテリー容量は32.4Whと従来の42.5Whより少なくなっていますが、駆動時間は変わらずWi-Fi利用時で最大10時間。省電力化が実現されているようです。
そのほか、Wi-Fiが2×2のMIMOに対応するなど通信速度の向上も図られています。

本体カラーは「スペースグレイ」と「シルバー」の2色。ストレージ容量16GB、32GB、64GB、128GBモデルがラインアップされ、発売日は11月1日となる。AppleStoreでのWi-Fi版の価格は16GBが5万1800円、32GBが6万1800円、64GBが7万1800円、128GBが8万1800円です。

●『iPad mini Ratinaディスプレイモデル』

blog20131028_2

続いて『iPad mini Ratinaディスプレイモデル』。画面サイズは7.9型と従来モデルと同等だが、「Retinaディスプレイ」の採用により、解像度が2048×1536ドット(従来モデルは1024×768ドット)へと向上している。解像度は『iPad Air』と同じだが、ピクセル密度は326ppi(iPad Airは264ppi、従来モデルは164ppi)。ちなみにiPhone 5/5sもピクセル密度は326ppiです。
サイズはW134.7×H200×D7.5mmと従来より0.3mmほど厚くなっているほか、重さもWi-Fiモデルで331g(従来モデルは308g)と少しだけ重くなっている。ただ、デザイン自体はほぼ変わっていないため、外観に変更はないと言っても問題ないだろう。
プロセッサは『iPad Air』と同じく、「A7」&「M7モーションコプロセッサ」の組み合わせを採用。解像度が向上しつつも、バッテリー駆動時間は従来と変わらずWi-Fi利用時で、最大10時間となる。
こちらもWi-Fiは2×2のMIMOに対応しているので、通信速度の向上に期待できますね。

「スペースグレイ」と「シルバー」の2色展開となり、ストレージ容量16GB、32GB、64GB、128GBモデルがラインアップされるあたりは『iPad Air』と同様。ただし、11月中の発売予定となる。AppleStoreでのWi-Fi版の価格は16GBが4万1900円、32GBが5万1800円、64GBが6万1800円、128GBが7万1800円です。

●で、どっちを買うの? オレ。

さて、スペックを見る限りだと、似ている部分が結構多いです。性能面ではほとんど差はないんじゃないでしょうか。なので、基本的には画面サイズで選べば良さそうですね。
持ち運んで使うなら『iPad mini Ratinaディスプレイモデル』、自宅で使うなら『iPad Air』、という図式は変わっていないような気がします。

現在『iPad mini』を使っているので、『iPad mini Ratinaディスプレイモデル』に乗り換えるのが順当なのかなと思いますが、軽量薄型になった『iPad Air』なら持ち運んで使ってもいいのかもしれません。まだ実機に触れていないので、しっかりチェックしてから決めることにします……。
そんな裏テーマを持ちつつ、11月25日発売のデジモノステーションで徹底的にチェックしてみるつもりなので、ご期待ください!