デ・ニーロはギャング映画がお好き?

blog20131112_1

製作総指揮マーティン・スコセッシ。
監督リュック・ベッソン。
主演ロバート・デ・ニーロ。
映画のテーマはどうやら“マフィアのファミリー”。

個人的にジャケ買いならぬ、クレジット買い。
こりゃ、入稿をほったらかしてでも観に行くしかないと
映画『マラヴィータ』の試写室へ。

『タクシー・ドライバー』(1976年)
『グッドフェローズ』(1990年)などの名作を
共に創ってきたスコセッシ × デ・ニーロの名コンビと、
『グラン・ブルー』(1988年)
『レオン』(1994年)の
鬼才リュック・ベッソンがタッグを組んだ
いわゆるギャング映画。
これが平凡な著者の予想をはるかに超えた快作だった!

blog20131112_2

フランス、ノルマンディー地方の
片田舎に引っ越してきたブレイク一家は、
一見ごく普通のアメリカ人だが、
実はとてつもない秘密を隠し持っていた。
主のフレッド(ロバート・デ・ニーロ)は、
泣く子も黙るNYを牛耳る元マフィアのボス。
別組織のボスを密告したことで、
家族ともどもFBIの証人保護プログラムを適用され、
偽名を名乗ってフランス各地の隠れ家を転々としてきたのだ。

blog20131112_3

そんなワケあり一家はコミュニティーに溶け込もうとするが、
かんしゃく持ちのフレッドは事あるごとに昔の血が騒ぎ、
妻マギー(ミシェル・ファイファー)とふたりの子供も
買い物先や学校でトラブルを起こしてしまう。
お目付け役のFBI捜査官スタンスフィールド
(トミー・リー・ジョーンズ)も頭を抱える日々。
そんな中、フレッドに積年の恨みを抱く
マフィア一族のドンが、ついに彼の居場所を突き止める
完全武装の暗殺者軍団がノルマンディーに上陸……。

blog20131112_4

blog20131112_5

『ゴッドファーザー』(1972年)
『スカーフェイス』(1983年)
『アンタッチャブル』(1987年)など
デ・ニーロが演じた歴代マフィア像をを
彷彿させるシーンがちらほら。
デ・ニーロ愛好家の僕はちょっと嬉しくなってきて
ニヤニヤしながらスクリーンを眺めていたら、
劇中の映画鑑賞会で何といきなり
『グッドフェローズ』が上映されるシーンが登場。
アメリカ歴史研究作家の振りをしたフレッドが、
マフィアの歴史を講義する場面には思わず拍手。
これには試写場内もドッと湧いていた。

blog20131112_6

blog20131112_7

リュック・ベッソン監督からの
マーティン・スコセッシ、
ロバート・デ・ニーロへの
“そのジャンルを極めたの巨匠”たちへの
オマージュが散りばめられた
スリル&ユーモア満載の上質エンタメ。
大人のアナタに是非オススメ。

さて。
妥協を許さない徹底した役作りで
知られるデ・ニーロだが、
今作に限って言えば自然体で
70歳にしてセルフカヴァーとも言うべき
パロディを楽しんだように見えるが……
いやいや。もしかしたらこの役作りのために
1年ぐらいはノルマンディーに隠居するかのように
移り住みながら自身の歴代ギャング主演作を観て
過ごす日々を送っていたかもしれない……。

と思っていたら年明け日本公開の
次作『キリングゲーム』は、
退役アメリカ軍人役で元セルビア兵士役の
ジョン・トラヴォルタと対決!
闘う古希デ・ニーロ。
これからもきっと好き。

blog20131112_8
『マラヴィータ』
制作総指揮:マーティン・スコセッシ
監督/脚本:リュック・ベッソン
出演:ロバート・デ・ニーロ、ミシェル・ファイファー、トミー・リー・ジョーンズ ほか
2013年11月15日(金)全国ロードショー
配給:ブロード・メディア・スタジオ
© EUROPACORP- TF1 FILMS PRODUCTION – GRIVE PRODUCTIONS
http://www.malavita.jp/