話題のソニー製“レンズだけ”カメラ「QX100」をトコトン使いこなしてみた

発表されるやその特異なコンセプトから話題になったソニー製のレンズスタイルカメラ『QX100』をプロはどう使いこなすのか? プロカメラマン永山昌克氏に同製品を使い倒してレポートしてもらった。

*     *     *

「とにかく楽しい!」というのが『QX100』を試用した際の第一印象だ。左手にスマホを、右手に『QX100』を持って腕を伸ばしながら撮影すると、これまでは気付かなかったような新鮮なアングルや構図の発見が味わえる。

花などの植物や小物をローアングルから接写したり、子供の自然な表情を近距離からスナップする際には特に便利だと感じた。

また、画面の傾きなど厳密な構図にこだわらないなら、スマホとは接続せずに『QX100』本体のみでノーファインダー撮影するのも面白い。

カメラとしての操作性は、この独自スタイルが生み出す短所と長所がはっきりしていると感じた。まず短所は、スマホと接続して使う場合、液晶表示にタイムラグがあり、動きが速いものをとらえるのが苦手なこと。

スマホとの接続自体はすんなり行えるが、アプリを起動する手間がかかることや、使用環境によってはWi-Fiが途切れる場合があることも気になった。

いっぽう長所は、1.0型という大きなセンサーと明るい光学3.6倍ズーム、光学式の手ぶれ補正機構を搭載しながらも小型軽量にまとまっていること。気軽に持ち歩きながら、一般的なスマホのカメラに比べワンランク以上も高品質な写真が得られる。

特に、被写体細部の解像度を重視する人や、暗部での撮影機会が多い人にはありがたいはず。そして、撮った写真をすばやくアップロードできる点もメリットだ。

ソニー『サイバーショットDSC-QX100』のレビューはこちら>>

 

まずWi-Fiで本体とスマホを接続する。NFC機能を備えたスマホなら、タッチするだけですばやく自動接続できる
まずWi-Fiで本体とスマホを接続する。NFC機能を備えたスマホなら、タッチするだけですばやく自動接続できる