本日発売!ソニーからとことん“音”にこだわったビデオカメラ

ソニーが11月15日に発売する『HDR-MV1』は、ずばり“音楽演奏の撮影”に特化したビデオカメラ。同社の誇る高音質PCMレコーダーとビデオカメラ「ハンディカム」で培った技術を惜しげもなく盛りこみ、これまでとは別次元の音質で美麗なフルHDムービーを撮影できるようにした。

その最大の特長は見た目のアクセントにもなっているXYステレオ・マイク。120度ずらして配置された2つの高性能マイクが音の左右の広がり、奥行きまでを忠実に再現してくれる。さらに、音質を重視したA/D変換プロセスを備え、リニアPCM(48kHz/16bit)録音に対応。

また、カメラ部分はカールツァイスの銘が入った単焦点レンズを採用。画角120度のワイドタイプとなっており、奥行きのない狭いスタジオでも演奏者全員を撮影できるようになっている。

目指したのは「ライブ感」。極上の音声と広がりのある映像が、その場の、その時の空気を余すことなく再現してくれる。

ソニー『HDR-MV1』(実勢価格=2万9800円)
ソニー『HDR-MV1』(実勢価格=2万9800円)