ゲームレビュー/ゴッドイーター2(前編)

review20131122_1

地球上のあらゆるものを喰らい尽くす謎の生物・アラガミ。本作は、アラガミに対抗できる唯一の存在、ゴッドイーターとしてアラガミを討伐するドラマティックなアクション。『PS Vita/PSP』における、この冬最大級のソフトの出来は如何に?

review20131122_2 review20131122_3

■スピード感とテンポ感が魅力

激しいアクション性と
力の入ったストーリーデモ

多彩なアクション、変形する武器でドラマティック&爽快に敵を討つ──。

俗に「狩りゲー」「共闘ゲー」などと総称されるゲームが何本も登場した2013年。この共闘ゲームラッシュのおそらく今年最後を飾るのが、本作『ゴッドイーター2』(以下『GE2』)だ。共闘ゲームフォロワーの中でもいち早くスタートし、前作までは『PSP』で展開してきたシリーズだが、最新作は『PSP』と『PS Vita』のマルチソフトとしてリリースされている。

さて本シリーズの特色と言えば、軽やかな手触りのアクション。攻撃後のスキはジャンプやガード、ステップ(回避行動)で消すことができ、その逆にジャンプやステップから攻撃をつなげることもできる。慣れれば慣れるほど、一方的に敵(アラガミ)を攻め続けることができるのが最大の魅力だ。
……と、筆者は思っているのだが、そういった指を忙しく動かすプレイスタイルだけでなく、敵の動きをよく見てじっくり戦うスタイルでも楽しめる、懐の広いアクションゲームなのである。

review20131122_4
▲身体能力に優れるだけでなく、炎や電気などを操るアラガミたち。しかしプレイヤー側の能力も負けてはいないので、激しい戦いが展開する。

また、ミッションの前後にかなり力の入ったストーリーデモが挿入されるのも大きな特長。アニメチックな物語を楽しみながらゲームを進めることができる。こちらをメインと考えた場合でも、十分なクオリティ&物量のある作品と言えるだろう。

review20131122_5
▲プレイヤーが望めば、登場人物の内面を掘り下げる「キャラクターエピソード」も追っていくことができる。キャラクターエピソードで絆を深めれば、仲間キャラの戦力もアップ!

こうしたストーリーデモはスキップしたり、後でまとめて観ることができ、ゲームプレイはゲームプレイ、デモはデモで楽しみたいという人のことを考えた作りになっている。

……と書きながら、個人的な好みを言わせてもらえば、ゲームをすぐに進めたくなるため、長めのデモが少し苦手だったりする。なのでデモ部分はあとでまとめてチェックすることにして、まずはゲーム部分だけをテンポ良く楽しませていただいた。外出中の空き時間でプレイする場合なども、スキップ機能は活用できるはず。
またその逆に、細かい空き時間を利用してストーリーデモをチェックするのもおすすめ。電車内などではゲーム機を激しく操作するのはためらわれるが、メディアプレイヤー的な使用方法なら抵抗感も少ない。

こういった自由な「接し方」ができる作品は意外と少ないもの。とても親切な仕様だと感じた。

■幅広いプレイを楽しめる

近接武器と銃の組み合わせで
広がる多彩な戦術

本作に登場する武器「神機」は、近接武器形態と銃形態を切り替えながら戦える遠近両用の武器。近接武器形態を5種類からひとつ、銃形態を4種類から1つ選び、自分の好みの組み合わせにして使用する。敵との距離に応じて自由に使い分けられるのが大きなポイントだ。

また銃形態は味方を強化したり、回復するのにも使用できる。

個人的によく使っている近接武器は、力強い斬撃やタメ攻撃を使えるバスターブレードと、突進からの連続攻撃が強力なチャージスピアの2種類。タフな敵にはバスターブレードの重い一撃、すばやい敵にはチャージスピアでヒット&アウェイという具合に使い分けて戦っている。もちろん、逆の組み合わせにしても普段とは違う戦いができるわけで、それはそれで面白い。

また、各武器にはさまざまなアクションが存在するが、それらは使い続けるうちに強化されたアクション(ブラッドアーツ)へ進化していく。戦闘前に選んでセットしておく必要はあるが、操作方法はそのままに、より強力な効果を得られようになるのだ。

review20131122_6
▲ブラッドアーツごとのエフェクトもド派手。敵によって有効なものが異なるので、よく考えてセットしよう。派手すぎて敵が見えづらくなることもあるが、それを見越してカメラを操作するのも腕の見せどころ。

銃形態では、近距離で威力が上がるショットガンと、ロケット弾を撃てるブラストを主に使っている。近い間合いで攻撃できる敵には近接武器とショットガン、こちらと間合いを離そうとする敵にはロケット弾で追撃を加えるなど、こちらも敵に合わせて使い分けるのが重要だ。
なお銃形態は、協力プレイではさらに便利に使えるのだが、それは次週改めてお伝えしようと思う。

■まとめ

腕に頼りに先に進んでも良いし
装備や技を強化して進むのもOK

以上のように、お手軽さと奥深さの両方を併せ持つアクションゲーム『GE2』。
本作は序盤がまるごと体験できる体験版が現在無料で配信されており、こちらはセーブデータをそのまま製品版にも引き継げるので、是非一度遊んでほしい。

次週は、銃形態をより便利に使えるようになるバレットエディットや、最大4人で楽しめる協力プレイについてお伝えしていく予定だ。それではまた次回!

ゴッドイーター2
vita_pkgpsp_pkg
●ハード:PlayStation Vita/ PlayStation Portable
●発売日:発売中(11月14日発売)
●価格:各5980円(パッケージ版/DL版)
●ジャンル:ドラマティック討伐アクション
●プレイ人数:1~4人
●メーカー:バンダイナムコゲームス

公式サイト
http://www.godeater.jp

©2013 NAMCO BANDAI Games Inc.
文/高橋祐介