発売から、1ヵ月経ったけど『QX10』って結局……。

blog20131127_01
鮮烈のデビューから、次代の新スタイルを提案したソニーの『サイバーショット DSC-QX10』。
撮影などや店頭で見たり使ったりするものの、まだまだよくわからないので
実際の自分の日常で使ってみたくて購入。

この仕事の悪いクセでみんな知ってるのかなぁと思って、食事の時になどに普通に取り出すと「なにこれー!」とすごい新鮮な反応! まだまだいけます、この新スタイルの衝撃。(男性が集まると頭皮チェックが始まります……。)

blog20131127_02
↑ヨコから見るとすごい延びるのがわかります。

最近まで品切れしている店舗もあった『QX10』、量販店のお姉さんにどちらの色が売れているかを聞いてみると、「ブラックが多いのですが、iPhoneに合わせてなのかホワイトも予想以上に出ている」とのこと。誌面などでは、ブラックが多いので白を購入しました(ちなみにiPhoneはブラック)。

実際に使っていると、スマホに付けて、スマホの液晶をライブビューで確認しながら撮影するという方法は意外としません。なぜなら、スマホのカメラの力量も素晴らしくいいので、よほどのズーム機能や画素数を必要としない限りはスマホですんでしまうから。

これは【歩きながらスナップ撮影する】、【人が集まる場で楽しく撮影】する。
このシーンに特化してると思われます。

blog20131127_03
実際には片手で撮影、片手でスマホのスタイルが定着。
スマホ側からタッチでピント合わせもできますが、個人的にカメラのボタンが好みです。

blog20131127_04 blog20131127_05
ちなみに、『QX10』は光学10倍。例えば、紅葉のイチョウをとってみるとここまでいけます。

で、使ってみて何がいいのか。
・手を伸ばし向きを変えるだけで、想像以上のアングルの撮影ができる。
・自撮り、みんなが集まったときの集合写真に最適(タイマーいらず!)。
・カメラを意識しない、自然な人物撮影が可能(もちろん動画も)。
に尽きる。

で、どこがモノ足りないのか。
・暗いところだとフラッシュ連動もないので光量が厳しい(動画は特に)。
・オートではなくシーンに応じたモードが欲しい。

バッテリーは静止画約220枚とのことですが、こんなもんかなとあまり気にならないしNFC対応でなくても、iPhoneでも十分接続は問題なし。

まだまだ年末に向けて活躍の場は増えそうです。
このカメラにしかできない、撮影方法を考案中です。

『QX10』を持って街に出よう!(出ます)