ハイエンドな電動アシスト自転車は何が違う!?

「電動アシスト自転車は欲しいけど高いから……」という声をよく耳にします。
確かに、普通のママチャリと比べると高価ではありますが、アシスト用のモーターとリチウムイオンのバッテリーを搭載して、重量がアップする分フレームも強化してブレーキも性能の良いものを付けて……とやっていくと、それくらいの価格になってしまうんですね。
ただ、一度乗ってしまうと、普通の自転車には戻れないと思うほど楽なのは事実。
特に坂道の多い場所を走るとその差を実感します。

では、電動アシスト自転車の中でも高価なモデルはどこが違うのでしょう?
今、普通に市販されているモデルの中では一番高価なパナソニックの『チタンフラットロードEB』というモデルに試乗してみました。

blog20131206_1
パナソニック
チタンフラットロードEB
価格:68万円~79万1000円(バッテリー容量などによって価格が異なる)

普通の電動アシスト自転車と何が違うのかというと、まずフレームの素材が違います。
その車名の通り、チタンを使用しています。
チタンは高価な素材である上に加工が難しいので、その分が価格に反映されています。
blog20131206_2

もう1つ、普通の電動アシスト自転車と大きく異なるのは、ギアやブレーキ、ホイールなどにスポーツ自転車に採用されている高品質なパーツを使用していることです。
自転車はホイールやギアなどに回転するパーツが数多く使用されていますが、この部分の抵抗が大きいと前に進む効率が悪くなります。
電動アシストがあるとは言え、基本は人力で進む乗り物なので抵抗が少なく、効率が良いパーツを使用すると、よく進むようになります。
また、高品質なパーツは軽量に作られているので、車重も軽くすることができます。
blog20131206_3

軽量なフレームやパーツを使うことによって『チタンフラットロードEB』の車重は約15.9kgに抑えられています。
通常の電動アシスト自転車はだいたい25kgくらいはありますので、約10kgくらい軽い計算です。
もちろん、高品質なスポーツ自転車用のパーツは、それなりに高価なので、この部分も価格に反映されています。

逆に言うと、電動アシストのユニット自体は、普通のモデルに比べてパワーがあるというわけではありません。
バッテリーは大容量のものが付いていますが、これも通常のモデルと容量以外の違いはありません。
価格の差は、自転車としての基本性能の違いと言っていいでしょう。

で、実際に乗ってみた時にどのような差があるかというと、ママチャリから高価なスポーツ自転車に乗り換えた時と同じ感覚を覚えます。
とにかく、乗り物としての効率が高いので、同じ力でペダルを踏んでも前に進む感覚が全く違います。
電動アシストでも、重さやパーツの効率の差が感じられるかは半信半疑だったのですが、乗った瞬間に違いがわかるほど明確でした。

日本の規格では、電動アシストは時速10kmまでが一番強力で、そこから速度が高まるとアシスト力は徐々に弱くなり、時速24kmでゼロになりますが、その速度域まで一気に加速する感じです。
これには車体の軽さも大きく貢献していると思われます。
通常の電動アシスト自転車が、常にアシストが効く領域で走っているのに比べ、『チタンフラットロードEB』は加速時だけアシストが効いて、一度速度が乗ってしまえばアシストの効かない領域で走り続けられる感じです。
そのため、カタログ表記でのアシスト可能な走行距離は基準となる「オートマチックモード」で約70km(12Ahバッテリー搭載時)と、驚くほどの数値ではないですが、実際に走ってみると普通の電動アシスト自転車よりバッテリーの消費は少なく走り続けられます。

68万円~という価格は高価に感じられますが、チタンフレームのスポーツ自転車としては高いとは言えない金額。(ロードバイクなんかだと100万円を超えるようなモデルもあります)
実際に使われているパーツや素材を見たり、乗ってみたりすると、その価格が決して高くないことが実感できます。

次号、12月25日発売の『デジモノステーション』では、こうしたプレミアムな電動アシスト自転車も特集で取り上げる予定。
詳しくは発売日をお待ちください!