ゲームレビュー/アサシン クリード4 ブラック フラッグ(第1回)

blog20131209_1

おなじみ「アサシン クリード」シリーズのナンバリング最新作の舞台は18世紀初頭のカリブ海。今回は3回にわたって、当時の海賊稼業を臨場感たっぷりに追体験したり、大海原での冒険を味わい尽くしていく!

■ファーストインプレッション
より遊びやすくなり
新たなテーマも描かれる

今作の操作感は、『アサシン クリードIII』や『レディリバティ』のそれをブラッシュアップした印象で、シリーズ未経験の方でもすんなり入っていけるシンプルさがある。ちなみにシリーズをプレイしたことがある筆者の場合は、ものの数分で思い通りの操作ができるようになった。1年のブランクを感じさせない華麗な身のこなしである(キャラクターが)。

テーマ的にも今回は新規性が高く、これまで「アサシン クリード」シリーズに縁がなかった方も、海賊としての航海や冒険、宝探し、海戦、白兵戦などに興味があれば期待通りに楽しめるだろう。また、時代考証がしっかりしているのも本シリーズの良いところ。一般的なフィクションに出てくる海賊とは一味違った、カリブ海の海賊の姿がしっかりと描写されている。解説文が膨大に用意されている点も個人的には大好きなポイントの1つだ。
もちろん、それらを読まなくてもゲームを進めるのに不都合はないのだが、本作の世界にどっぷりと浸りたい方にはぜひ読むことをおすすめしたい。

blog20131209_2 blog20131209_3
▲前作にもあった海戦の要素。そこにスポットを当て、大幅に強化しつつ、海賊としてのフレーバーや、海賊稼業を楽しめる要素を大量に追加したのが本作だ。

もちろん「アサシン クリード」シリーズなので、暗殺者としての遊びも健在。人ごみに紛れて自分の存在を消す「ソーシャルステルス」はさらに使いやすくなり、都市や船上での暗殺をよりスムーズに行なえるようになっている。ただ、かといって難易度が下がったわけではなく、自分のイメージした動きをより実現しやすくなっているという感触。こうした目立たないところでも進化を重ねているのも本シリーズの良い所だ。

blog20131209_4
▲海賊と暗殺者、2つの顔を持つ主人公。ちなみに主人公エドワード・ケンウェイは、『III』の主人公コナーの祖父にあたり、ヘイザム・ケンウェイの父親である。

事を荒立てずに暗殺を行なうには、これまでのシリーズ同様、行動計画をよく考える必要がある。多数の敵を相手にするのも1つの遊び方だが、毎回そうなってしまわないように工夫するのも腕の見せ所だ。

■カリブ海を荒らしまわれ!
陸地、海上、そして海中
立体的に広がるオープンワールド

本作のフィールドには3つの大都市と、50以上のロケーションが盛り込まれているという。まだその全てを回ることはできていないが、気ままに船を走らせるだけでもさまざまな場所に到着し、世界の姿を徐々に明らかにしていく楽しみを味わうことができた。ちょっとした探検家気分だ。

楽しみが減ってしまうので、あまり具体的なことは言いたくないが、海中で待っているものは魚や海藻やサンゴといった自然物だけではなく、恐ろしい敵も存在する。見付からないように海中探索をするスリルを味わってほしい。

blog20131209_5 blog20131209_6
▲海中でもさまざまなものがプレイヤーを待っている。沈没船の船倉には、やはり期待通りのものが……?

また、海上では獲物となる船が見付かるだけでなく、船同士が交戦しているところに出くわすこともある。どちらかに味方するか、それとも両方を撃沈するか。はたまた勝負が着くまで見物するのか。そのときの気分次第で、好きなように対処することができる。もちろん先を急いでいるなら無視してもいい。

そして陸上でのアスレチックは、都市だけでなく、豊かな自然の中で行なうこともできる(というかそちらがメイン)。樹上を登ったり、沼を飛び石状にジャンプして渡ったり、茂みに隠れて敵を暗殺したり──。こうした点でも、本作は『アサシン クリードIII』や『レディリバティ』の発展形だと言えるかもしれない。

■まとめ
これまでのシリーズにはなかった
ピカレスクなロマン

前作のシステムをベースにしつつも、「海賊」という新しいテーマや遊びを用意した本作。歴史の闇に潜む暗殺者としてだけでなく、泣く子も黙る海の荒くれ者としてのゲーム体験はなかなかに新鮮だ。これまでの主人公たちとは一味違う、エドワード・ケンウェイの”個性”も目新しい。
今回は冒頭の数時間ほどをプレイしてのレビューだが、次回、次々回のレビューでは本作のより深い部分の魅力についてもお伝えしていく予定だ。

アサシン クリード4 ブラック フラッグ
●ハード:PlayStation 3/ Xbox 360/Wii U
●発売日:発売中(11月28日発売)
●価格:各7770円(パッケージ版/DL版)
●ジャンル:アクション
●プレイ人数:1人(オンラインプレイ最大8人)
●メーカー:ユービーアイソフト

公式サイト
http://www.ubisoft.co.jp/ac4/

© 2013 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved. Assassin’s Creed, Black Flag and Ubisoft, and the Ubisoft logo are trademarks of Ubisoft Entertainment in the US and/or other countries.

文/高橋祐介