前代未聞すぎるドラマ『ハウス・オブ・カード』とネットフリックス社

あっという間に年の瀬ですね。
年末の予定が何も決まってない私の元に(涙)朗報が届きました。

『ハウス・オブ・カード 野望の階段』の全13章一挙放送!
何かと話題の作品だけに、そしてなかなか観る時間がなかっただけに嬉しすぎます!

blog20131209_a

だって、鬼才デヴィット・フィンチャー監督(映画『セブン』、『ソーシャル・ネットワーク』)が手がけた初のドラマ・シリーズで、主演は俳優ケヴィン・スペイシーだし、

何より、レンタルDVD&動画ストリーミングサービス会社の「ネットフリックス」社が製作したオリジナル・ドラマで、それが、エミー賞で全9部門にノミネートされて、全3部門を受賞しちゃったのだから、すごい!

エミー賞ってTVドラマが対象なのにオンラインの、しかも同社のストリーミングでしか観られないドラマが受賞したのは、史上初だそうです。
、、、、、と、いろいろな点で前代未聞すぎるこのドラマ。

blog20131209_2

ストーリーは、大統領選勝利の立役者として献身的に活躍するも、その大統領に裏切られ、復讐に燃える辣腕政治家フランク・アンダーウッド(ケビン・スペイシー)が、ワシントンの政界の中心で人事と政策を操って、大統領失墜を企てる――という
“米版・倍返し的”な痛快パワーゲームを描いた、政治サスペンス。

潤沢な製作予算に加え、人気監督と俳優を揃えて、質のよい作品に仕上げたことはもちろんですが、それに加えて、TVではなく動画ストリーミングサービスで放送したことが人気の秘訣らしい。確かに私も、面白い海外連ドラは一気見したいタイプです、はい。
(シーズン2の撮影では、なんとあのインテリ女優ジョディ・フォスターが演出を手がけているというニュースもあり、いまから待ちきれないですけれども。)

blog20131209_3

それにしても、レンタルDVD会社がドラマを製作して、(しかも制作費100億円!)それがエミー賞を獲る時代になったんだなあ~と思うと感慨深い。
ネットフリックスの会員数は4000万人を越えて株価も上昇、さらにウォルト・ディズニーと組んで、マーベルのキャラクターをもとにした実写ドラマのミニシリーズを製作しているとかで、もはや誰にも止められない勢い。
そこに、アマゾンが参入して、”アマゾン・スタジオ“という100%自社資本の製作会社を興して、長篇映画やTV番組の企画・製作・配信をすでに開始しているとか。
という訳で、年明け以降は、メディア業界を大きく揺るがす動画配信会社の“仁義なき戦い”の行く先が、見逃せません。
、、、、と話が少しそれましたが、
『ハウス・オブ・カード 野望の階段』はイマジカBSおよびNOTTVで、今月一挙放送です。
今年の話題作は、ぜひ今年のうちに。

『ハウス・オブ・カード 野望の階段』
出演:ケヴィン・スペイシー、ロビン・ライト、ケイト・マーラ ほか
製作総指揮・演出:デヴィッド・フィンチャー

【イマジカBS】
12月27日25:00~(28日1時) ファーストシーズン全13章 一挙放送
http://www.imagica-bs.com/yabou/house_of_cards/

【NOTTV】第1~11章 一挙放送 12/14(土)10:00~21:00
ファーストシーズン全13章 一挙放送 1/2(木)10:00~23:00
http://tv1.nottv.jp/drama/hoc/

blog20131209_5

blog20131209_4

©2013 MRC II Distribution Company L.P. All Rights Reserved.