「バブル期そだち」第3回 須藤元気(1978年3月8日生まれ)その1

氷河期世代でもあるポスト団塊ジュニア(1975年4月~1980年3月末生まれ)のあの人に、子供として過ごした1986年から1991年頃までの日本が好景気に沸いていたいわゆるバブル時代について、同世代が聞くインタビュー連載。第3回は格闘家としてデビューし、引退後は作家、ミュージシャンなど活動の幅を広げ、2014年1月からは在籍するWORLD ORDERの初の全国ツアーを控えた須藤元気さんです。
main_a310×260
<プロフィール>
1978年3月8日、東京都生まれ。1998年4月に渡米し、ロサンゼルスのビバリーヒルズ柔術クラブで修行を積み、1999年8月の帰国後、逆輸入ファイターとして格闘家プロデビュー。「変幻自在のトリックスター」のニックネームで人気を博す傍ら、映画出演や著書を出版。2006年末の現役引退後は、世界学生レスリング日本代表監督、拓殖大学レスリング部監督、作家、タレント、俳優、パフォーマンスユニット「WORLD ORDER」を率いるミュージシャンなど、活動範囲は多岐に渡る。2014年1月からはWORLD ORDERとして初の全国ツアーを実施。近著に『やりたい事をすべてやる方法』(幻冬舎)。


80年代と言えばアイドル全盛の黄金期。しかし幼き頃の須藤さんは、リアルな女の子より二次元のキャラに恋していたという。中でも宮﨑アニメに多大な影響を受けたという彼に、幼少の頃のうれし恥ずかしな体験を聞いた。

―小学2年生の頃にサンタさんに逆プレゼントをしたというエピソードを伺ったのですが、相当変わった子供だったんですか?

やりました(笑)。変わっていたという自覚はあまりないのですが、通信簿では落ち着きがないとか、協調性がないとよく書かれてました。

―授業とかで怒られたり?

学校の先生によく殴られる生徒でしたね。先生に恵まれなかったというのもあるのですが、恵まれなかったからこそ今の僕があるわけで、もし恵まれていたら東大かハーバード大学に進学してたと思いますよ(笑)。

―名前の由来はお父さまが漫画『がんばれ元気』が好きだったからということですが、漫画はよく読んでいたのですか?

『週刊少年ジャンプ』、『週刊少年サンデー』、『週刊少年マガジン』、『週刊少年チャンピオン』は、小さい頃から父と一緒に全部読んでました。漫画も好きでしたがアニメもたくさん見てましたね。元々、自分の名前の由来が二次元から来てるので、漫画やアニメに対して違和感がないというか、二次元のキャラに恋するのも全く抵抗はなかったです。

―著書に『風の谷のあの人と結婚する方法』を出されてますが、やはりジブリ作品にハマっていたんですか?

ナウシカにはもうほんとに恋に落ちて。ナウシカとキキとサツキにはガチで恋してました(笑)。高校の時にはセーラーマーキュリーの水野亜美ちゃんに変わりましたけど(笑)。

bubble20131211_1

―話しかけたり(笑)?

そうそう。リアルな女性には声をかけられない性格で、二次元の女の子としか話せない子供だった。一種の現実逃避ですね。でも異性と喋れないというコンプレックスがあったからこそ、このままじゃいけないって奮い立って、自分の夢を追いかける原動力になったと思います。

―早いうちに童貞を捨てると大成しないとも言われますよね。

仰る通り。子供の頃は性的なものとかお金にあまり触れないほうがいいですよ。そこで現実ってこんなもんだと思ってしまうというか。だから逆に二次元やアニメに恋することで子供の想像力が豊かになるんですよ(笑)。

―二次元のキャラを愛してなければ、今の自分はなかったぐらい?

そうですね。そういえば昔、中間テストの前日にテスト勉強なんてやってらんないって思って、勢いでヒッチハイクしたことがあるんですよ。

―試験を放り出してヒッチハイクとはどうしてですか?

友達から漫画の『タッチ』を全巻借りて読んで、興奮して旅に出た(笑)。まだ見ぬ南ちゃんを探しに行こうと思ったんですよ。

―ちょっと待って下さい(笑)。なぜに『タッチ』を読んで南ちゃんを探しに行こうという発想になるんですか?

その頃、男子校に通っていて好きな子がいなかったというのもあるんですが、旅をすれば南ちゃんに会えると思った(笑)。現実にはない世界に出会えるのではないかと。結局出会えなかったですが、それから旅好きにはなりましたね。だから二次元の影響は僕にとって大きい。

bubble20131211_2

―小さい頃のアニメの愛し方って、そのキャラと自分が共に生きているような、そういう感覚の好きでしたよね。

そう、二次元と三次元の区別が付いてなくて、宮崎アニメみたいなファンタジーの世界が存在するって本気で思ってましたしね。この世のどこかに存在するんじゃないかって。『風の谷のナウシカ』の船(飛行機)とか、『天空の城ラピュタ』の城とか、探せばあると思ってましたよ。

―僕も肩にあのキツネリスを乗せた気分で自転車に乗ってました(笑)。

そういう思いを巡らせたからこそ、想像力が豊かになりましたね。その想像力は後の格闘技にもいかされてるんですよ。

―二次元の世界がどうやって格闘技にいかされるんですか?

格闘技時代に言われていた僕のトリッキーなスタイルというのは、実は『ストリートファイターII』とか『バーチャファイター』から来てるんです。

―あのキャラの動きってことですね?

ゲームやアニメの世界って人間が想像できるから存在するわけで、他人が想像できるなら実際に僕にもできるんじゃないかと本気で思ってました。三次元から技を取るより、二次元のゲームのほうが奇想天外な技が多い。だから格闘技の動きに取り入れようと思いまして。そういった発想をするにはゲームの存在が大きかった。でもゲームにハマりすぎたせいで、僕の人生が変わっていくことにもなったんですが。

その2へつづく。次回更新は12月18日予定です。

インタビュー・文/瀧佐喜登(1977年3月18日生まれ) 人物撮影/森浩輔


Information

WORLD ORDER初の全国ツアー「WORLD ORDER TOUR 2014」開催!

料金:指定席7500円(ドリンク代別) ※未就学児童入場不可
一般発売日:2014年1月11日(土)

<公演スケジュール>※全公演19:00開演
★2014年1月29日(水) Zepp DiverCity(東京)
★2014年1月30日(木) Zepp DiverCity(東京)
★2014年2月4日(火) Zepp Namba(大阪)
★2014年2月5日(水) Zepp Namba(大阪)
★2014年2月14日(金) Zepp Sapporo(北海道)
★2014年2月18日(火) Zepp Nagoya(愛知)
★2014年2月19日(水) Zepp Nagoya(愛知)
★2014年2月25日(火) Zepp Fukuoka(福岡)

チケットのご購入など詳細はこちら

―WORLD ORDERを見て、日本人がこれほどまでにロボットダンスにハマるのが衝撃でした。機械的な動きが日本の象徴でもあり風刺でもあり、絶妙に表現してますよね。

須藤「そうですね。自分の立ち位置を日本の音楽業界に置かなかったところで勝ちだと思ってますね。世界標準で見た時の日本人像ってところでポジショニングを作ったので。僕らがヒップホップやってても絶対に受けない。それで日本と言えばロボット的な動きが良いなって取り入れたんです」

―WORLD ORDERはそれを見ている人の反応だったり、ハプニングだったり、周りの風景も含めての作品だと思うのですが、ライブの時はどんな演出をしているのですか?

須藤「映像とリンクさせたり、武道館ではあえて360度見せたりしてます。YouTubeにも動画が上がってるのでよかったら見てください」
<YouTubeのWORLD ORDER公式チャンネル>
http://www.youtube.com/user/crnaviofficial/featured

―次のツアーではどんな演出をやろうと思ってるのですか?

須藤「まだ全くできてなくて。これから考えます」

―スーツ姿で砂漠を歩いて生還してもらいたいですね。

須藤「それ砂漠のカーリマン(笑)。『MASTERキートン』第1巻ですね」