「バブル期そだち」第3回 須藤元気(1978年3月8日生まれ)その3

氷河期世代でもあるポスト団塊ジュニア(1975年4月~1980年3月末生まれ)のあの人に、子供として過ごした1986年から1991年頃までの日本が好景気に沸いていたいわゆるバブル時代について、同世代が聞くインタビュー連載。第3回は格闘家としてデビューし、引退後は作家、ミュージシャンなど活動の幅を広げ、2014年1月からは在籍するWORLD ORDERの初の全国ツアーを控えた須藤元気さんです。
main_a310×260
<プロフィール>
1978年3月8日、東京都生まれ。1998年4月に渡米し、ロサンゼルスのビバリーヒルズ柔術クラブで修行を積み、1999年8月の帰国後、逆輸入ファイターとして格闘家プロデビュー。「変幻自在のトリックスター」のニックネームで人気を博す傍ら、映画出演や著書を出版。2006年末の現役引退後は、世界学生レスリング日本代表監督、拓殖大学レスリング部監督、作家、タレント、俳優、パフォーマンスユニット「WORLD ORDER」を率いるミュージシャンなど、活動範囲は多岐に渡る。2014年1月からはWORLD ORDERとして初の全国ツアーを実施。近著に『やりたい事をすべてやる方法』(幻冬舎)。


思春期のあの頃、女子にモテると思って行動してたいたことも今となっては恥ずかしい思い出。女の子と話すことができない悩みを抱えていた須藤さんは、ある作戦でコンプレックスを解消しようとするのだが……。

―高校に入って自分の中で変わったことってありましたか?

中学までは先生に自分の生き方を否定されて、社会になじめないことにも不安を感じてたんですよ。それで肉体的に強くなれば精神的に強くなれると思って高校から格闘技を始めたんです。

―高校で自分が変わったと。

自分が行った高校はマンモス校で生徒も多様化しているというか、僕の個性は別にそれはそれでありという空気だったんです。認められはしなかったですが否定されることもなかった。だから高校の時に自分自身がちゃんと見えてきたってのはありました。

―自分の立ち位置がわかったというか?

ポジショニングがわかったというか、どういう立ち位置にいて仲間とどう接すれば良いかが大事だと知りました。

―自信が付いて二次元じゃない女の子と話せるようになったんじゃないですか(笑)?

レスリングを始めて、肉体的にも精神的にも成長したんですよ。それでコンパとかに行くようになったんですが、それでも全然話せなくて(笑)。それで高2の時に海の家で住み込みのバイトをしたんです。休憩時間には、バイト先の海の家以外のお客さんならナンパしても良かったし、天国でしたね。

―水着ギャルが目の前にたくさんいるって、男子高校生には相当刺激的なシチュエーションですよね?

でもやっぱり僕だけうまく話ができなくて、このままじゃいけないって思ったんですよ。ナンパぐらいできないと人として大成できないなって。それで週末、クラブに行くことにしたんです。

bubble20131225_2

―僕は田舎出身なんで、高校時代にコンパとかクラブとか信じられないですよ(笑)。

大学に入るとみんなから世間を知ってる男っていう扱いされましたけど(笑)。でも高校時代は全くうまくいかなかった。ナンパに失敗した男は「あいつはかわいくなかった」って言い訳するんですけど、あれって男の逃げですね(笑)。あれは言っちゃいけない。僕の経験上、20人ナンパすれば1人は成功するんですよ。でも20人ナンパする前に5人目ぐらいで自信をなくす。

―でもレスリングも強いしモテてたんじゃないんですか?

いやいや。高校の頃ってなんだかんだで見た目が格好良くてちょっとオシャレな人がモテてたじゃないですか。それしか判断基準がないし。高校でやっと女の子と話せるようになってどんどんコンパとか行くようになったんですが、好きになる娘が友達に持ってかれるのを何度も経験して。そっからやっぱ有名になるしかないなって思ったんです(笑)。

―その頃の須藤さんの見た目はどうだったんですか?

レスリング部で、五厘刈りで、ファッションはヒッピースタイル。丸刈りマッチョでヒッピーファッションって女子にはチンピラにしか見えない(笑)。五厘刈りでフェイクファー着てベロアの赤ズボンって。ものすごい違和感ありますよね。

―女子がドン引きする感じですね(笑)。

自分の見た目を客観視できてないというか、ヒッピーカルチャーに影響受けてたんですけど、自分に全く合ってなかった。

―高校の頃はどんな音楽が流行ってました?

ちょうどDJブームが来て、クラスの半分がDJだったんですよ(笑)。ほとんどがターンテーブル持ってて。そんなにDJいらないでしょって(笑)。その前の中学ではTHE BLUE HEARTS派かBOØWY派に完全に分かれていて、僕はTHE BLUE HEARTS派でした。

bubble20131225_1

―バンドもやったんですか?

友達からフェルナンデスの『ZO-3(ゾーサン)』を買って練習しました。それで高校の時にバンドを組んだんですが、ギターをやるやつにはうまいやつがたくさんいて、それで僕はベースにまわされるという。

―ありがちなパターンですね(笑)。

ツインギターにベースとヴォーカルとドラムっていう、高校生にありがちなパターン。ギターの2人に入れなかった僕はベースにまわされるという(笑)。まだ高校生だからベースの格好良さはわからないじゃないですか。それで今度はギターも諦めて、アコギに走るという。男はやっぱアコギだよなって。それでストリートでアコギ弾き語りをやったり。

―すぐ行動に走りますね(笑)。

高2ぐらいから名声欲が強くなって、今から思えば恥ずかしいんですが、ビッグになろうって誰でも思うじゃないですか。ビッグになるなら人前で歌えるぐらいじゃないと大事は成し得ないと。ナンパもストリート演奏も同じ。知らない人の前で何かをやろうという度胸試しみたいなものですね。

―でも高校の時は格闘家になるか、音楽家になるか本気で悩んだらしいですね?

そこは競争率で判断しました。ビジネス用語で言う、競争が激しい市場のレッド・オーシャンではなく、まだ未開拓のブルー・オーシャンで判断すると、格闘家のほうが圧倒的に有利。ミュージシャンは競争率が高くてそこで差別化を図るのは無理だったし、ギターも歌もうまいとは思えなかった。それと比べると、格闘家って男からも尊敬されるじゃないですか? それに格闘技のブームが来るってのを確信してた。絶対に来るってのを。

その4につづく。次回更新は2014年1月8日予定です。

インタビュー・文/瀧佐喜登(1977年3月18日生まれ) 人物撮影/森浩輔


Information

WORLD ORDER初の全国ツアー「WORLD ORDER TOUR 2014」開催!

料金:指定席7500円(ドリンク代別) ※未就学児童入場不可
一般発売日:2014年1月11日(土)

<公演スケジュール>※全公演19:00開演
★2014年1月29日(水) Zepp DiverCity(東京)
★2014年1月30日(木) Zepp DiverCity(東京)
★2014年2月4日(火) Zepp Namba(大阪)
★2014年2月5日(水) Zepp Namba(大阪)
★2014年2月14日(金) Zepp Sapporo(北海道)
★2014年2月18日(火) Zepp Nagoya(愛知)
★2014年2月19日(水) Zepp Nagoya(愛知)
★2014年2月25日(火) Zepp Fukuoka(福岡)

チケットのご購入など詳細はこちら

―WORLD ORDERを見て、日本人がこれほどまでにロボットダンスにハマるのが衝撃でした。機械的な動きが日本の象徴でもあり風刺でもあり、絶妙に表現してますよね。

須藤「そうですね。自分の立ち位置を日本の音楽業界に置かなかったところで勝ちだと思ってますね。世界標準で見た時の日本人像ってところでポジショニングを作ったので。僕らがヒップホップやってても絶対に受けない。それで日本と言えばロボット的な動きが良いなって取り入れたんです」

―WORLD ORDERはそれを見ている人の反応だったり、ハプニングだったり、周りの風景も含めての作品だと思うのですが、ライブの時はどんな演出をしているのですか?

須藤「映像とリンクさせたり、武道館ではあえて360度見せたりしてます。YouTubeにも動画が上がってるのでよかったら見てください」
<YouTubeのWORLD ORDER公式チャンネル>
http://www.youtube.com/user/crnaviofficial/featured

―次のツアーではどんな演出をやろうと思ってるのですか?

須藤「まだ全くできてなくて。これから考えます」

―スーツ姿で砂漠を歩いて生還してもらいたいですね。

須藤「それ砂漠のカーリマン(笑)。『MASTERキートン』第1巻ですね」