「バブル期そだち」第3回 須藤元気(1978年3月8日生まれ)その4

氷河期世代でもあるポスト団塊ジュニア(1975年4月~1980年3月末生まれ)のあの人に、子供として過ごした1986年から1991年頃までの日本が好景気に沸いていたいわゆるバブル時代について、同世代が聞くインタビュー連載。第3回は格闘家としてデビューし、引退後は作家、ミュージシャンなど活動の幅を広げ、2014年1月からは在籍するWORLD ORDERの初の全国ツアーを控えた須藤元気さんです。
main_a310×260
<プロフィール>
1978年3月8日、東京都生まれ。1998年4月に渡米し、ロサンゼルスのビバリーヒルズ柔術クラブで修行を積み、1999年8月の帰国後、逆輸入ファイターとして格闘家プロデビュー。「変幻自在のトリックスター」のニックネームで人気を博す傍ら、映画出演や著書を出版。2006年末の現役引退後は、世界学生レスリング日本代表監督、拓殖大学レスリング部監督、作家、タレント、俳優、パフォーマンスユニット「WORLD ORDER」を率いるミュージシャンなど、活動範囲は多岐に渡る。2014年1月からはWORLD ORDERとして初の全国ツアーを実施。近著に『やりたい事をすべてやる方法』(幻冬舎)。


現在は作家、ミュージシャンとしても活躍する須藤さん。元々は強さを求めて格闘家になった須藤さんがいかにして華麗なる転身を成功させたのか? そこには幼少の頃から学んだある戦略があった。

―須藤さんは格闘技ブームに乗ってスター街道を行くわけですが、本当に時代を読み取る感覚がすごいですね。

総合格闘技ができる前はプロレスが強いとか、相撲が強いとか、そういう競技別での論争はあったんですよ。それが総合格闘技ができたら、そういう論争はピタッと止まった。あれは競技の強さじゃなくて、個人の強さじゃないかって。これからは総合格闘技で強い奴が一番だと思いましたね。

―元々の強さの憧れはどこから来てるのですか?

小学校の頃に世の中に対して不満というか、漠然とした不安があった。それで精神的に強くなろうとして格闘技を始めた。別にいじめられてたわけではなかったのですが、世の中に不安があったんです。

―中学3年生時、自衛隊に勝手に応募して親を困らせたというエピソードも有名です。

あれは当時『パイナップルARMY』を読んでたからですね(笑)。ジェド・豪士ってキャラへの憧れが強すぎて。どうしても自衛隊に入りたいって思い立って。

bubble20140101_1

―『パイナップルARMY』ってベトナム帰りの米兵たちが抱える闇みたいなのもありましたよね。

僕が抱えていた世の中に対する不安と同じですよね(笑)。だからハマったのかもしれない。

―小学生だとスパイだとかアクションスターに憧れそうなのに、なぜ自衛隊なんですか?

世の中に不安があったので強くなろうとは思っていたんですが、人としての強さを突き詰めると肉体を強くすればいいって話でもないとも感じていて。それを突き詰めていったら特殊部隊に辿り着いたんです(笑)。

―南ちゃんを探しに行ったように、また発想が飛躍してますね(笑)。

初めはフランス外人部隊に入ろうと思ったんですが、フランス語を話せないし、何より年齢制限があったんです。だからまずは自衛隊で下積みをしてからフランス外人部隊なのかなって。って、今しゃべってて思ったんですが、やっぱ発想がおかしいですよね(笑)。世の中に不安を感じて軍人になるとか特殊部隊に入るとか、発想が漫画的というか、日常になじめてないってのがよく出ている。

―自衛隊の高校(現:陸上自衛隊高等工科学校)の方がわざわざ家を訪ねてきたんですよね?

当時はまだバブル期であまり自衛隊に入る人が少なかったんですよ。だから僕が勝手に資料請求したら実家に関係者が訪ねてきて。うちの親が丁重にお断りしましたけど。高校卒業したら何やってもいいから、高校だけは卒業してくれって言われて納得したんです。

―それで高校でレスリングを?

いや、高校で初めに行ったのはクレー射撃部だった(笑)。でも見学に行ったら、みんなピコピコゲームみたいなのをやってて。なんか射的場みたいな感じで(笑)。それで、その次に向かったのがレスリングだったんです。そこでレスリングを始めたのをきっかけに、後に格闘家になりました。

―ではなぜ総合格闘技だったのですか?

UFCの衝撃がすごかったからです。過激なルールによる試合の過酷さから“総合格闘技の総本山”とも言われてるのですが、昔は喉つかんで金的攻撃とか普通にやってましたから。金網での戦いにも燃えました。

―僕は『キン肉マン』の金網デスマッチを思い出しました。

漫画よりも激しい戦いをしてましたからね。あれほどのバイオレンスを見た時にフランス外人部隊とかは頭から消えました(笑)。

bubble20140101_2

―それから「逆輸入ファイター」として自分を売るために海外留学をして。セルフプロデュースがほんと巧みですよね。

何でも差別化が大事なんです。僕自身、須藤元気という格闘家自体には価値はない。格闘業界の中でどこにポジションを置くかで須藤元気という価値が決まってくるんです。例えばボートの有用性は水に浮くことですが、タイタニック号が沈む間際のボートと、由比ヶ浜に浮いてるボートでは価値が全然違う。シチュエーションによってとらえられ方、つまり価値が変わってくるんです。

―ミュージシャンとして活動する時もそのポジショニングを考えたのですか?

最初はほとんど相手にされなかったですね。スポーツ選手が音楽をやるって世間にも絶対に受け入れられないんですよ。でもその受け入れられなさは子供の頃に慣れてるんで(笑)。逆にそこをどうアプローチしていくかって考えるのがまた楽しい。

―それでどうアプローチしようとしたんですか?

格闘家で成功したパターンを、音楽家としても当てはめようと思いました。日本じゃ受け入れられないので、まずは海外で注目されるようにYouTubeを利用したんです。YouTubeが世界を席巻するのはずっと前から確信していたので。世界に届ける一番の近道だし、日本で受け入れられないなら世界でまず展開しようと。

―WORLD ORDERがYouTubeで展開されたのはそういう意図があったんですね。それで世界的に大ヒットしましたが、特別なプロモーションを行なったのですか?

特にしなかったですね。ほとんど口コミのおかげだと思います。最近は口コミで良いって言われたものしか残らない。でも昔は違いましたよね。音楽業界もこのアイドル売りましょうってプロモーションしたら売れてたんですよ、10年ぐらい前までは。でも今は大型新人ですって言われても、結局それは大金を積んだからだってのをみんながわかってる。だから僕も古いビジネスモデルでやっていたら食っていけない。それで違うアプローチを選んだんです。

―今、改めてバブル期の80年代を振り返ると、みんなが乗せられてたんだなって思いますよね。

あの時はあの時で選択肢はなかったですが、古き良き時代でしたよ。80年代はスポーツの王様と言えば野球だったけど、今ではインターネットが普及して、野球をやってる国は実は少ないってみんなが知っている。今は世界のスポーツはサッカーとなってますが、それもまた変わるかもしれない。結局、とらえ方次第で世界は変わるんですよ。世界をどう解釈するか、自分がどうとらえるか。だから見方を変えれば世界が変わるって僕は言っているんです。

おわり

インタビュー・文/瀧佐喜登(1977年3月18日生まれ) 人物撮影/森浩輔


Information

WORLD ORDER初の全国ツアー「WORLD ORDER TOUR 2014」開催!

料金:指定席7500円(ドリンク代別) ※未就学児童入場不可
一般発売日:2014年1月11日(土)

<公演スケジュール>※全公演19:00開演
★2014年1月29日(水) Zepp DiverCity(東京)
★2014年1月30日(木) Zepp DiverCity(東京)
★2014年2月4日(火) Zepp Namba(大阪)
★2014年2月5日(水) Zepp Namba(大阪)
★2014年2月14日(金) Zepp Sapporo(北海道)
★2014年2月18日(火) Zepp Nagoya(愛知)
★2014年2月19日(水) Zepp Nagoya(愛知)
★2014年2月25日(火) Zepp Fukuoka(福岡)

チケットのご購入など詳細はこちら

―WORLD ORDERを見て、日本人がこれほどまでにロボットダンスにハマるのが衝撃でした。機械的な動きが日本の象徴でもあり風刺でもあり、絶妙に表現してますよね。

須藤「そうですね。自分の立ち位置を日本の音楽業界に置かなかったところで勝ちだと思ってますね。世界標準で見た時の日本人像ってところでポジショニングを作ったので。僕らがヒップホップやってても絶対に受けない。それで日本と言えばロボット的な動きが良いなって取り入れたんです」

―WORLD ORDERはそれを見ている人の反応だったり、ハプニングだったり、周りの風景も含めての作品だと思うのですが、ライブの時はどんな演出をしているのですか?

須藤「映像とリンクさせたり、武道館ではあえて360度見せたりしてます。YouTubeにも動画が上がってるのでよかったら見てください」
<YouTubeのWORLD ORDER公式チャンネル>
http://www.youtube.com/user/crnaviofficial/featured

―次のツアーではどんな演出をやろうと思ってるのですか?

須藤「まだ全くできてなくて。これから考えます」

―スーツ姿で砂漠を歩いて生還してもらいたいですね。

須藤「それ砂漠のカーリマン(笑)。『MASTERキートン』第1巻ですね」