音声と文章データを同期できる「Livescribe スマートペン3」入手レポート!

音声と文章データをEvernoteに自動同期する、魔法のようなペン『Livescribe wifi スマートペン』の後継モデル『Livescribe スマートペン3』がソフトバンクBBから販売開始されました!

ソフトバンクBB
Livescribe スマートペン3
実勢価格:1万8800円

blog20131211_1

早速編集部でも実機を手に入れたので
触ってみて気付いたポイントを挙げていこうと思います。

■ポイント1:グリップが細い
blog20131211_2 blog20131211_3

早速実物を触ってみると、まず最初に大きな違いが!
グリップが細く握りやすいです。

『Livescribe wifi スマートペン』はとても便利なのですが、
グリップが太く平べったかったので、個人的にはかなり抵抗感がありました。

その点では『Livescribe スマートペン3』は、
しっかりとグリップが円になっているしそこそこ細く許容範囲です。

■ポイント2:Bluetooth接続

blog20131211_4

『Livescribe wifi スマートペン』ではWi-Fiを搭載していましたが、今回はBluetooth対応。
細部は色々と違いますが、音声と文章データを同期する仕組みは変わらずです。

専用ノートに書いた内容は、リアルタイムにBluetoothでペアリングした
iPhone/iPadに転送されていきます。
ただペンに内蔵されたマイクでの音声記録ではなく、
Bluetoothで同期したiPhone/iPadのマイクで音声記録します。

実際に『Livescribe wifi スマートペン』と比べられてないですが、ペン内蔵だと筆記している音が大きく録音されることもあったので、この録音方法は良い感じかもしれません!

■ポイント3:テキスト変換機能が面白い!

blog20131211_5

iPadに送られた手書きデータをiPad上でスワイプすると
テキストデータ化される!

自動変換も出来たら良いんだけど、この動作はかなり面白いですね!

■ポイント4:ペン軸カートリッジが交換できる

blog20131211_6

これが個人的にかなりアツイ!
『Livescribe wifi スマートペン』では、一応カートリッジは外せるものの
交換は出来なかったので、Livescribe製の専用カートリッジ推奨とはいえ
うれしいですね! あくまで推奨なので書き心地にこだわりたい人は
自分に合ったペン軸を探すのもアリかも!

以上がサクっと触ってみた感想ですが、
かなりアナログの文房具的使い勝手に
進化点を振りはじめているのが印象的でした!

これは使い込むとよさそう!