ロボットを作ったら動きにキレがあったので動画を撮ってみた

唐突ですがロボットを作りました。近藤科学の『KHR-3HV Ver.2』です。

blog20131226_01
▲自作ロボットキット『KHR-3HV Ver.2』。実売価格は11万9700円と、本格的なお値段です。

制作時間は約14時間くらい。工程が多いので根気がいる感じです。すげーー難しいわけじゃないので、ちゃんと説明書を見ながら作れば、プラモデル感覚でできちゃうと思います。

blog20131226_02 blog20131226_03
▲パーツを組み合わせたり、ネジ止めしたり。基本的にはプラスドライバーだけで作れます。

組み立てるのも十分楽しいんですが、組み立ててからが本番。がっつり動きます。パソコンで動きをプログラムしたり、ラジコンのようにコントローラーで操縦したりと動かし方は何通りかあるので、いろいろ楽しめそうです。
で、その動きはかなりスムーズ、そして結構アクロバティックなこともできたので、動画を撮ってみました。


▲逆立ちとか、腕立て伏せとかもできちゃいます。だいぶすごくないですか!?

『KHR-3HV Ver.2』にはオプションが豊富に用意されているので、完成後にパワーアップさせることもできちゃいます。関節数を増やせたり、関節の可動域を拡張したり、Bluetoothモジュールの追加でワイヤレス制御できるようになったりと、相当遊べますね。
blog20131226_04 blog20131226_05

Bluetoothモジュール(左、実勢価格1万2000円)と開脚フレームキット(右、実勢価格:6600円)。

『KHR-3HV Ver.2』は、12月25日発売のデジモノステーション、「男の自作デジ」で組み立てレポをしているので、そっちもチェックしてみてくださいませ。
興味がわいたら年末年始の9連休を使って、がっつりチャレンジしてみてはいかがでしょうかー!