通話半額アプリ「楽天でんわ」を2週間使ってわかったこと

かつての公衆電話の市内通話代は3分10円、いまのスマホ通話代は3分で126円と実に10倍以上。

そんな高過ぎるスマホ通話代に価格破壊を起こそうと、楽天がスマホの新通話サービスを始めた。
「電話番号そのままでスマホ通話料半額」という挑戦的なサービスでケータイ業界を揺るがしている「楽天でんわ」アプリ。ダウンロード数も提供開始3日間で10万件を突破したという。ネット上でもさっそく大きな話題となっているこのアプリを、約2週間使い続けてわかった良い点、悪い点を紹介する。

news20131227_01

そもそも「楽天でんわ」ってなに?
電話回線を使って番号そのままで通話料を節約できる通話アプリ。スマホにアプリをインストールするだけでキャリアの半額の料金(通話料10.5円/30秒)で通話ができる。しかも月額料金は0円。仕組みとしては通話発信する際に相手の電話番号の頭にプレフィックス番号(0037-68-)を付加することで、楽天の子会社である「フュージョン」の電話回線経由で通話できるというサービス。「LINE」のように相手がアプリをインストールしていなくても通話できる。

ちなみにどれくらい安いか他社との比較表がこちら。通話料金はわかりやすいように全て1分通話の料金で計算。

 サービス名  月額基本料  ケータイとの通話料※1  固定電話との通話料※1  電話番号
 ドコモ/au/ソフトバンク  780円/月(ドコモ)
980円/月
 42円※2  42円※2  キャリア番号
 楽天でんわ  0円  21円  21円  キャリア番号
 050plus  315円/月  16.8円  2.7円  050番号
 G-Call  0円  20円  20円  キャリア番号
 IP-Phone SMART  0円  16.8円  16.8円  050番号
 LaLa Call  105円  18.9円  2.8円  050番号

※1…通話料は1分間 ※2…ドコモは月額780円、au、ソフトバンクは月額980円の追加プランで21円/分

他の通話節約アプリではなく「楽天でんわ」を使うメリットって?
「050plus」などのいわゆるIP電話とは違い、今自分が使っているキャリアの電話番号のままで発信ができ、通話料は半額、しかも初期費用/月額料金もかからないというのが特徴だ。

news20131227_02-576x1024 news20131227_03

いいことばかりじゃない!「楽天でんわ」の落とし穴。
同キャリアの無料通話時間帯であっても「楽天でんわ」アプリで通話すると通話代がかかる。また使用するには専用サイトにて「楽天でんわ利用登録」が必要で、支払いはクレジットカードのみ。また通話料の請求は楽天からとなる。

news20131227_04-576x1024 news20131227_05

2週間使い続けてわかったこと

●良いこと
・「050plus」などのIP電話とは明らかに音質が良くて安定している
・番号が変わることがないので相手に不審がられない
・スマホの電話帳がそのまま使える
・通話料の1%が楽天ポイントとして貯まる

最近は「LINE」や「Viber」「Comm」などの無料通話アプリも出ているが、互いにアプリを入れていないと利用できない上、そもそもビジネス用途でそれらの無料通話アプリを使うのに抵抗もある人もいるはず。「電話番号を変えずに」安く通話したいというシーンは意外に多く、特に仕事の通話代を自分で払っている人は大きな恩恵を受けられる。またパケット通信ではなく電話回線網を使用しているので通話品質は通常の携帯電話とほぼ同等。かけた相手も「楽天でんわ」を使用しているとはわからないほどだ。あまり知られていないが「050plus」は通話中に着信があると強制的に050plusの通話が切れる仕様だが、「楽天でんわ」は別の着信があっても切れることもなく通話も安定している。

news20131227_06

●悪いこと
・iPhoneのデフォルトの電話履歴に「0037-68-」付きの発信番号が残る
・発信の時にやや時間がかかる
・着信履歴からのコールバックは番号をコピペしないといけない
・使った分の通話料がわからない
・通話無料リストを作るのが手動で面倒くさい

iPhoneでは「楽天でんわ」で通話した後、別の電話をかけようとすると通話画面がiPhoneのUIに変わっているため、そのままデフォルトの電話番号でかけてしまうことがある。またコールバックをする時は通常の着信履歴をコピーして「楽天でんわ」アプリを立ち上げ直す必要がある。家族や同キャリアの人など、もともと無料通話で利用できる人を事前に登録できる機能があるが、これがまた手動登録で手間がかかる。電話をかける時にいちいち相手のキャリアがどこかを考える必要があるのも若干わずらわしい。またほかのIP電話サービスと比べると、固定電話への通話料はそんなに安くはない。

news20131227_07-576x1024 news20131227_08

結論

「楽天でんわ」を通してかけると自動で「0037-68-」を付けるという、固定電話における「マイライン」のようなもの。使い勝手としてはまだまだ改善点はあるが、通常の通話感覚で使用でき月額無料なので一度試してみる価値はある。そもそもスマホ&LTE時代になり、いつの間にか無料通話が消えて、地味に通話料が値上がりしたことに気づいている人はどれくらいいるだろうか。仮にキャリアの基本プランで3時間通話するだけで7560円と1か月のパケット代をはるかに超える通話料金。高すぎる料金に最近は通話しなくなったという人も多いだろう。ただこの「楽天でんわ」アプリをきっかけに、かつてのマイライン戦争や、現在の格安データ通信SIMのように競合サービスが出てくるかもしれない。「楽天でんわ」がこれまでのメガキャリアの寡占状態に一石を投じたことは間違いない。

(瀧 佐喜登)