アナログでデジタルな、ニコン『Df』 そのfの意味とは?

review20131226_01

ニコン『Df』は、フィルムカメラ風の個性的なデザインを採用した一眼レフだ。一足先に発売された入門者向けのフルサイズ機『D610』から、AFセンサーやAEセンサー、視野率100%ファインダーなどを受け継ぎ、撮像素子にはフラッグシップ機『D4』と同等のものを搭載。
さらに、悪条件に強い防塵防滴構造や、シャッター耐久15万回なども実現し、プロのフォトグラファーやハイアマチュア層が満足できるハイスペックなモデルに仕上げている。製品名の『Df』のFは「fusion(融合)」の頭文字だ。ボディ単体のほか、単焦点レンズが付属するSpecial Editionキットが用意されている。

■基本機能をチェック
review20131226_02
・フルサイズならではの高感度性能の高さが魅力
イメージセンサーには、同社のフラッグシップ機『D4』と同等の、有効画素数1625万画素のフルサイズCMOSセンサーを搭載している。感度は、常用域としてISO100~12800に対応し、さらにISO50相当までの減感に加え、ISO204800相当までの増感も行なえる。

review20131226_03
・視野率100%光学ファインダー
ファインダーは倍率0.7倍、視野率100%のペンダプリズムを搭載。接眼部の右側には視度調整ダイヤルを装備。アイピースシャッターはない。

review20131226_04
・安心のダイヤル操作
シャッター速度ダイヤルでは1/4000~4秒までの速度が選べるほか、バルブやタイムモードにもすばやく設定。露出補正と感度のダイヤルを同軸上に配置。どちらにもロック機構があり、慣れるまではやや回しにくく感じる。

■実力測定:作例

review20131226_05
レンズキットに付属する単焦点レンズ「AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G」で撮影。開放値では画面の周辺部にやや甘さが見られるが、絞りを絞り込むことで四隅までシャープに解像する。PCのディスプレイ上で確認すると、洋館のレンガの質感がリアルに再現されていることがわかる。

review20131226_06
初期設定の画質は、彩度やコントラストを強調し過ぎないナチュラルな傾向だ。ピクチャーコントロール機能を使うことで、狙いに応じた画質に変更することももちろん可能だ。またRAWで撮影して、付属ソフトやカメラ内現像機能によって、思い通りの色に仕上げるのもいい。

■結論
ニコン『Df』の実機を手にして誰もが驚くのは、その斬新なデザインだ。ボディ前面から天面、背面にかけては、数多くのボタンやダイヤルが所狭しと配置され、フイルム時代のマニュアルフォーカス一眼レフを思わせるメカっぽい雰囲気が漂っている。旧タイプのロゴや、直線を多用したペンタ部のデザインからは「FM」や「FE」シリーズなど同社の古き良き銘機を思い出す人も多いだろう。
中でも特長的なのは、露出モードとシャッター速度、レリーズモード、ISO感度、露出補正のそれぞれに専用のダイヤルを設けたこと。これらのアナログ感覚の操作は、液晶表示を見ながらボタンを押して操作する、ほかの一般的なデジカメの操作系とは違って、電源オフの状態でも設定値を一目で確認でき、必要に応じてすばやく変更できるメリットがある。絞り値については、前面のサブコマンドダイヤルを使用するが、絞りリングを備えた旧タイプレンズを使った場合には、リング操作での絞り調整も行なえる。さらに、測光モードやAFモード、ブラケティング、プレビュー、AF/AEロックなどにもそれぞれ専用のレバーやボタンが用意。使い始めのうちは、分散したボタン配置に戸惑うこともあるが、慣れるほどにスムーズな操作が可能になる。自分の手で確実に操作している実感を味わいならが、撮影自体をじっくりと楽しめることが、この独自の操作系を採用したポイントであり、『Df』の一番の魅力と言っていい。
ボディのサイズと重量については、同社フルサイズ機での最小最軽量をうたっている。が、欲を言えばあと一回り小さければ、より使い勝手が良くなったはず。
とはいえ、似たような製品ばかりになりつつある今のカメラ市場の中で、『Df』の存在感は際立っている。

■ニコン『Df』をおすすめな人は??

世代を問わず写真愛好家層におすすめ!
フラッグシップ機同等の高機能でフルサイズ、その上でデザインを見ただけで物欲を刺激されるだろう。ニコンの古い交換レンズを所有していたことがあるのならなおさらである。その一方、フイルムカメラ未経験の若いユーザーにとっては、逆に新鮮に感じる部分も多々あるのではないだろうか。写真愛好家なら、年齢の区別なく気に入るはずだ。

ニコン『Df』 実勢価格:29万9800円(Special Editionキット)
サイズ:W143.5×H110×D66.5mm 重量:765g 撮像素子:フルサイズ(36.0×23.9mm)CMOSセンサー 有効画素数:1625万画素 液晶モニタ:3.2型液晶(約92万ドット)、モノクロ液晶サブモニタ ファインダー倍率:約0.7倍 ファインダー視野率:100% レンズマウント:ニコンFマウント 手ぶれ補正機構:なし シャッター速度:1/4000~30秒 ISO感度:100~204800相当(拡張含む)
文・作例/永山昌克 撮影/松浦文生

ニコン『Df』