今、CESがアツいがミニ四駆もアツい!

副編・石田です。
今、最もHotな話題と言えば、ラスベガスで絶賛開催中の
「International CES 2014」ですね。

今年はウエアラブルガジェットを中心に、我々のライフスタイルを変えてしまうほどのパワーを持った製品やテクノロジーがたくさん出展されています。

デジモノステーション編集部でも、その筋のプロに特派員として現地に飛んでもらい、1月25日発売の3月号にて、本誌でしか読めない独自視点のレポートを行なう予定ですので、どうぞお楽しみに!

さて、「CES」に関しては編集部でも連日話題になっていますが、
もう一つ昨年末から編集部の一部で異常に盛り上がっていることがあります。

それがこちら。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲写真は編集部・吉田の愛機『ダッシュ1号・皇帝(エンペラー) プレミアム(スーパーIIシャーシ)』。

男子ホビー界の巨人・タミヤがシリーズ展開し、発売から30年以上の歴史の中、
今なお進化を続けているミニ四駆! です!!

発売中のデジモノステーション 2月号で「男の自作デジ」という特集を組んだことがきっかけとり、いま編集部内では誰が最速のマシンを組み上げるのか? が話題となっております。

自分もミニ四駆フィーバーがリバイバルしているのは知っていましたし、店頭でもちょいちょい気にはなっていました。ただ、実際買ってまでは……と、思っていたものの、先述の特集で編集部・吉田が楽しそうに作って、走らせているのを見ていたらいてもたってもいられず、年末いよいよ買ってしまいましたよ『ダッシュ3号・流星(シューティング・スター)』を……。

ということでデジモノステーション 3月号では、ミニ四駆リバイバーが集い編集部最速決定戦を行ないます! デジモノステーションの「日ノ丸 四駆郎」は誰か??
その答えは2月25日発売号にて!!

宣伝ばっかりでスミマセン……。