職人がひとつひとつハンドメイドする“トースターのロールスロイス”のこだわりがスゴイ

パンをおいしく焼くのは、簡単なようでいて意外に難しいもの。焼き加減ひとつで仕上がりに大きな差が出てしまう。表面はカリッと、中はふんわり。そんな極上のトーストを実現するために、英国の熟練した職人がひとつひとつハンドメイドで作っている、ポップアップ式のトースターが、英デュアリット社の「2スロットトースター」だ。

1946年の登場以来変わらないクラシックなフォルムの本体には、驚くべきこだわりが詰まっている。一般的なトースターはヒーターに雲母を樹脂で固めたシートが使われるが、本製品はそれより熱伝導率が高く耐熱性に優れる天然雲母板を使用したヒーターを搭載し、100℃程高い温度で焼きあげる。また、スペースシャトルにも使用されている断熱材を使って熱を逃さない工夫も施されているため、パンに含まれる水分を逃さず一気に焼き上げることが可能。

1人の職人が1日に10台しか作れず、製品には職人のイニシャルを刻印。ステンレスとアルミダイキャストを使用した本体は耐久性にも優れ、長期に渡って使い続けることができる。

“焼く”以外の機能はないに等しく焼き上がり後のポップアップすらも手動だが、トーストの仕上がりは最高。英国を始め世界の一流ホテルの朝食で使われているというのも頷ける。“トースターのロールスロイス”と呼ばれる所以である。

デュアリット『2スロットトースター 998DUALIT』(実勢価格=4万2000円)。6枚切りまでのパンを2枚まで同時に焼くことが可能
デュアリット『2スロットトースター 998DUALIT』(実勢価格=4万2000円)。6枚切りまでのパンを2枚まで同時に焼くことが可能