手の平サイズで“撮れる4K”!! 『ハンディカム FDR-AX100』のスペックがすごすぎる

前回のブログで、2014年ビデオカメラの予測を
軽く行なっていますが、先週ソニーとパナソニックから新製品が発表されました!

今年の目玉としては、やはり小型化した“4Kハンディカム”『FDR-AX100』でしょう。

blog20140120_1blog20140120_2

blog20140120_3blog20140120_4blog20140120_5

『ハンディカム FDR-AX100』
実勢価格:21万9800円 3月14日発売

秋に発表された初の4K対応モデル『FDR-AX1』では、サイズと価格的にもあくまでセミプロ用途という感じでしたが、『FDR-AX100』は体積比1/3、重量1/4の小型化に成功。
早くも本当の意味での「ハンディモデル」が登場してしまったわけです。

blog20140120_6

サイズ:W81×H83.5×196.5mm 重量:915g

しかも、この『FDR-AX100』には『FDR-AX1』にはないメリットが数多くあります。
その中でも個人的に気になったのが、以下のスペック。

■1.0型Exmor R CMOSセンサー

4k対応以外に画質面で大きなポイントが、シリーズ史上最大サイズの1.0型センサーを搭載していることです。『FDR-AX1』が1/2.3型であるのに対し、何倍もの受光面積を持っています。
4K映像の精細さをより際立てる大きな特長でしょう。

また、『FDR-AX100』の非4Kモデルでも同スペック機を用意。

『ハンディカム HDR-CX900』
blog20140120_7

実勢価格:14万9800円

4K撮影対応以外は全くの同スペックで、こちらの画質重視のモデルになっています。

■カールツァイス バリオゾナーT*レンズ

前年モデル『HDR-PJ790V』までの最上位機に搭載されていたカールツァイス製の名レンズが採用されました。今回の小型化にも関わることですが、独自の薄型非球面レンズ「AAレンズ」を組み込みことで、高い描写性能とレンズ本体の薄型化を両立させています。

blog20140120_8

■4K静止画撮影

4K解像度の静止画撮影にも対応。4K対応テレビと接続して撮影した写真をそのまま転送することも可能です。一般向けの一眼レフでもまだ出来ていない(業務用機ではキヤノン『EOS-1D C』などが4K動画撮影対応)ことを可能にしたという点で、この機能はかなり画期的と言えるでしょう!

■Wi-Fi対応  &  MP4同時記録

4Kというスペックとは関係がないですが、前モデルから採用されたWi-Fiにも対応しています。
やっぱり現行モデルで一般向けということであれば、「動画共有」は変わらない軸なのでこの機能は必須でしょう。しかも、前モデルは別売のワイヤレスアダプターを装着しなければいけなかったのですが、しれっと今回から内蔵しているのもポイントですね。
また、合わせて動画転送などに使うためのMP4同時記録もできます。規格はXAVC SとAVCHDのどちらかを選択可能。
あくまで一般向けの枠内におさめられているのがとてもすばらしいと思います。

以上のスペックを備えて、約22万円!
ビデオカメラ単体としてはかなりのお値段ですが、
これだけのスペックと機能性を誇るならむしろかなりアリなんじゃないでしょうか。

でもまずは何よりも『FDR-AX100』で撮れる動画ってどれだけキレイなの?
ってところが一番気になるところでしょう。
実際にソニーで先駆けて動画を観ましたが、良く言われる「立体感」がとてもありました。
シャボン玉が撮影された動画だったのですが、精細さもすごかったのですが、
画面の奥からそのままシャボン玉がこちらに向かってくるような感覚。
そこがかなりの感動ポイント! この画質が一般で撮れるってことにとてつもない進化を感じました。

動画の作例などはこれから追々実機を手に入れ次第、デジモノステーション本誌とWeb両方でお伝えしていきたいと思いますので、要チェックですー!