家電の買い時がわかる? 世界のデジモノ見本市まとめ

「4Kテレビ」「ファブレット」「ウエアラブル機器」……年初に米国ラスベガスで開催された「2014 International CES」では2014年のトレンドとなりそうな新製品が相次いで発表され、IT業界を賑わせた。実はIT業界関係者にとって必須となるイベントはこの「CES」以外にもいくつか存在する。

読者にとってはあまり関係ないと思われがちだが、実はこういったイベントは家電の買いどきを見極めるのに大いに役立つ。

世界的なショーイベントでは今後出てくる新製品や新機能が発表されるため、例えば今すぐ欲しい家電があっても新機種が国内販売されるまで待ってみたり、発表後に値下がりするであろう旧モデルを買うといった、「戦略的」買い物ができる。つまりこういったイベントである程度の情報を知っていれば、自分が買った直後に新製品が発売されるというリスクを回避できるのだ。

では実際にどんなイベントがあるのか、そのイベントごとの特性と傾向を紹介する。

1月(2014年は1月6日~12日開催)
CES(Consumer Electronics Show)

コンシューマー・エレクトロニクス・ショー。全米家電協会が米国ネバダ州ラスベガスで開催する国際的家電見本市。1967年から開催され、かつてはここでLDやDVD、XBOXといった製品/技術が発表された。各社が最新技術を競い合い、A&V製品や家電の最新動向がわかる。2014年は湾曲4KテレビやWEB OS搭載テレビ、リストバンド型活動量計のほか、最新スマホやタブレットも発表された。

news20140128_01news20140128_02
http://cesjapan.org/?page_id=10

こんな人はチェック:家電全般、PC、モバイル機器の買い替えを考えている人。

2月(2014年は2月13日~16日開催予定)
CP+(Camera&Photo Imaging Show)

シーピープラス。パシフィコ横浜で開催されるカメラと写真映像関連機器のコンシューマー向け情報発信イベント。国内最大のカメラの祭典として最新のデジカメやレンズが発表され、昨年はキヤノン『PowerShot N』やシグマ『SIGMA DP3 Merrill』などが展示された。2014年はソニー『NEX-7』の後継機や、オリンパス『OM-D』のエントリーモデルが発表されるのではないかと噂されている。

news20140128_03news20140128_04
http://www.cpplus.jp

こんな人はチェック:デジカメ、ビデオカメラの買い替えを考えている人。

2月(2014年は2月24日~27日開催予定)
MWC(Mobile World Congress)

モバイル・ワールド・コングレス。スペイン・バルセロナで開催されるモバイル関連業界最大の展示会。携帯電話のメーカーだけではなく、世界各国のキャリアや開発ベンダーも参加するため、近年モバイル関連見本市の中でも最も重要なイベントとして注目を集めている。昨年は「Firefox OS」搭載のスマホ『ZTE Open』や、サムスン『GALAXY Note 8.0』などが展示された。2014年もソニーやサムスンの次期フラッグシップスマホが発表されるのではないかと言われている。
news20140128_05news20140128_06
http://www.mobileworldcongress.com

こんな人はチェック:スマホ、タブレットの買い替えを考えている人。

5月
Google I/O

グーグル・アイ・オー。グーグルがサンフランシスコで開催する開発者向けイベント。「Android新バージョン」「新Nexus」が発表されることが多く、2012年には「グーグル・グラス」の正式発表も行なった。Androidの機種変を考えている人はこのイベントを確認するといい。

news20140128_07news20140128_08
https://developers.google.com/events/io/

こんな人はチェック:Androidユーザー。

6月
WWDC(Worldwide Developers Conference)

アップルが開催するイベント。世界中からMac/iOSの開発者が集まり、チケットはわずか数分で完売するという人気ぶり。開発者向けのためMac/iOS向けの新サービスの発表がメインだが、新OSが配布されることで新型iPhoneや新型Macの発売が近いと推測することもできる。かつては『iPhone 3G』や『iPhone 4』などの新モデルが発表されることもあった。ただし、アップルは新製品発表のため独自のイベントを不定期に開催することも多い。

news20140128_09news20140128_10

こんな人はチェック:アップル製品ユーザー。

8月
IFA(Internationale Funkausstellung Berlin)

イファ。ドイツベルリンで開催される家電製品の見本市。国際的な家電見本市としては米国の「CES」と双璧をなす。昨年はソニーのレンズスタイルカメラ『DSC-QX100』『DSC-QX10』や、サムスンの腕時計型デバイス『GALAXY Gear』も発表された。

news20140128_09news20140128_10
https://developer.apple.com/wwdc/

こんな人はチェック:家電全般、PC、モバイル機器の買い替えを考えている人。

9月
フォトキナ(Photokina)

ドイツのケルンで2年に一度、偶数年に開催されるイベントで、世界中のカメラ・写真機材を展示する世界最大の見本市。2014年の今年は開催年となる。世界各国のカメラメーカーがデジカメの新製品を集中的にリリースするのが恒例となっている。2012年はキヤノン『EOS 6D』、ニコン『D600』のフルサイズ一眼デジカメや、ソニー『α NEX-6』、パナソニック『LUMIX GH3』のミラーレスカメラなど、各メーカーの主力製品がお披露目された。

news20140128_11news20140128_12
http://www.koelnmesse.jp/photokina/

こんな人はチェック:デジカメ、ビデオカメラの買い替えを考えている人。

10月(2014年は10月7日開催予定)
CEATEC(Combined Exhibition of Advanced Technologies)

シーテック。幕張メッセで開催されるアジア最大級のIT・エレクトロニクスの総合展。夏のIFAやフォトキナなどで発表した新製品などが国内で初展示されたり、CEATECの期間にあわせて多数の製品が発表されることが多い。昨年はソニーの4Kカメラ『FDR-AX1』や、世界初の20インチ4Kパネル搭載Panasonic『タフパッド4K UT-MB5』などが展示されたが、ここ数年は電気自動車や次世代モビリティなど、自動車メーカーの出展が加速している。
news20140128_13news20140128_14
http://www.ceatec.com/ja/

こんな人はチェック:家電全般、PC、モバイル機器の買い替えを考えている人。

デジタル製品は「買いたい時が買い時」と言われるが、各メーカーはこういったイベントにあわせて新製品を発表するため、目当ての製品ジャンルがある場合は次世代の製品や機能を事前にチェックすることをおすすめする。これらのイベントを制することで、本当の「買い時」が見えてくるといっても過言ではない。

(瀧 佐喜登)