カメラの「買い時」教えます。

新しいカメラが欲しい、けどいつ買えばいいの?
実は「今」、が買いと待ちの見極め時。
それは、新製品の時期だからです。
価格が発表まで下がり、新製品に入れ変わる時期という方がわかりやすいですね。

カメラの新製品発表の大きなタイミングとして、1月上旬の米国・CES(Consumer Electronics Show)と2月のCP+があります。
今年もCESでも面白い商品が出ていましたが、メインはこれから開催予定の日本のカメラの祭典・CP+に向けて発表される(であろう)新製品が楽しみ!
今年は2月13日~16日にパシフィコ横浜 展示ホール・アネックスホールで開催とのことです。
http://www.cpplus.jp/

現在の市場は各層に向け幅広いラインナップを揃える一眼/ミラーレスカメラの需要が拡大し、レンズ一体型は高級機や、超ズーム機、個性モデルが台頭しています。

では2014年の大きな流れを作るであろう、これからの新製品はどんなものが予想されるでしょうか?現状のラインナップから予測します。

【一眼・ミラーレス】
一眼カメラは、幅広くラインナップを用意し、エントリー~プロ向けまで各社幅広くユーザーに提供しています。その上で、ミラーレスに対しどのようなプレミアム感、レンズ資産を活かしたモデルを出せるかが勝負だと思います。

blog20140123_01
▲キヤノン/『EOS 70D』

blog20140123_02
▲ニコン/『Df』

ミラーレスは、レンズ一体型のコンパクトモデルと変わらないぐらいに小型化したものが増え、フルサイズも登場し、一眼とミラーレスの機能面での差別化もしにくくなっています。値段も値頃で、かつコンセプチュアルな製品が多いことから、ラインナップも増えますます面白くなっていくでしょう。

blog20140123_03
▲ソニー/『α7』

blog20140123_04
▲パナソニック/『LUMIX GM』

【レンズ一体型】
レンズ一体型は、コンパクトの市場が厳しくなっている半面、高級機、超ズーム機、新スタイルの個性モデルが台頭して「個性」が評価されています。価格もミラーレスとほぼ変わらない(高いものも、安いものもあり)ので一芸に秀でたモデルの登場をさらに期待したいところ。

blog20140123_05
▲オリンパス/『OLYMPUS STYLUS 1』

blog20140123_06
▲ソニー/『サイバーショット DSC-RX1R』

ちなみに2013年のCP+を振り返ってみると……注目の商品だった「PowerShot N」。新スタイルを提唱し、スマホ連携やクリエイティブショットで話題になりました。

blog20140123_07
▲『PowerShot N』
そして今年は、今回CESで海外発表された「PowerShot N100」の国内発表にも期待が高まりますね。

blog20140123_08ablog20140123_08b
▲『PowerShot N100』
そしてCESでも登場し本日発表された、FUJIFILM X100S ブラックリミテッドエディション」※1000台限定

blog20140123_09
▲『FUJIFILM X100S ブラックリミテッドエディション』

他にも、どんな商品が出るのか今年のCP+楽しみですね!

そして、今年もデジモノ オブ ザ イヤー 2013の候補製品が次号で発表されます!WEBでも応募できます!
旅行先の空港で購入した海外のカメラ雑誌「POPULAR PHOTOGRAPHY」でも昨年のカメラオブザイヤーを記事にしていました。そんな季節です。
blog20140123_10

皆さんの投票結果楽しみにしております!!