ゲームレビュー/戦国BASARA4(後編)

review20140207_1

現代風にアレンジされた武将、ギャグとシリアスが同居するブッ飛んだシナリオ、豪快かつ骨太なアクション。遊べば遊ぶほど癖になる『戦国BASARA4』、今回はドラマ&アニメルート、武将の成長要素をチェックしていこう。

■ドラマ&アニメルート
敵勢力の動向次第でシナリオが変化
ドラマティックな戦乱絵巻

メインモード「戦国創世モード」では、名だたる戦国武将たちが合戦を重ねて歴史を紡いでいく。選べる武将は徐々に増えていき、最終的には32名に! しかも、武将によっては複数のルートも存在。他の軍勢の動き次第で発生する合戦も変化し、次にどこへ進軍するか自由に選べるようになっている。自分の手で歴史を創りあげていくような、ダイナミズムが感じられるシステムだ。

さらに大半の武将には「ドラマルート」が、一部の武将には「アニメルート」が用意されている。いずれも通常ルートとは異なる展開を迎え、会話1つ1つからドラマを感じることができる。中でもアニメルートは、武将の心情が深く掘り下げられているのが印象的。まだ柴田勝家、島左近しか見ていないが、誰にルートが用意されているのか探し出すのも楽しい。

review20140207_2 review20140207_3

review20140207_4 review20140207_5
▲一度クリアすると、シナリオ分岐点からやり直せる。最初にノーマルルートでクリアし、2周目以降でドラマ&アニメルートをプレイするのがおすすめだ。
残念ながらまだ全ルートをクリアしていないが、現時点でのお気に入りは新キャラ・柴田勝家! 薙刀の両端に刃がついたような「逆刀薙(さかばなぎ)」を武器に、スピーディな動きを見せる武将だ。逆刀薙のリーチが長いので、コレを振り回しながら敵に突っ込むだけで攻撃HIT数がめきめき上がっていく。手軽に爽快感を味わえ、初心者でも扱いやすいのがうれしい。

しかも、悲愴感にあふれた性格もたまらない。「かつて起こした謀反が失敗に終わり、現在は全てを諦めたように命令に従うだけの存在。主君・織田信長からもほとんど相手にされない」という設定からわかるように、とにかく言動が後ろ向き。技名からして「空虚の幾何」「挫折の純正」「苦悶の螺旋」などネガティブパワーにあふれている。彼のルートでは、そんな勝家がどのような未来を創りあげるかが見どころ。アニメルートのラストは、せつなさにホロッとするはずだ。

review20140207_17 review20140207_7

review20140207_8 review20140207_9

review20140207_10 review20140207_11
▲三谷幸喜の『清州会議』では、無骨で臭い男として描かれていた柴田勝家。こっちの勝家さんは、線が細くていい匂いがしそう。

■やり込み要素
武器の合成、武将の成長…
周回プレイで最強武将に鍛え上げる

各武将たちの膨大なエピソードをクリアするだけでも長期間遊べるが、やり込み要素はそれだけではない。特定の条件下でステージをクリアして「戦術実績」を稼いだり、合戦場に隠れた「おたずね者」を捜したり、強化印籠で経験値を割り振って武将を成長させたり、プレイヤー次第で様々な目的をもってプレイできる。

中でも、武器の強化・合成は凝りだすとやめられない面白さ! 武将が手にする武器には、攻撃力、防御力などのパラメータが設定されており、合戦場で手に入れた「砥石」を使ってこれらの数値を上げることができる。さらに、「玉鋼」を使って武器のレアリティを引き上げるごとに、各パラメータの上限値がアップ。より強い武器に鍛え上げることができる。

また、武器には「銘」と呼ばれる特殊効果が備わっており、例えば「達人」ならクリティカルヒットの発生率が上昇したり、「宝刀」なら武器解体時に入手できる金額が増えたり、様々なメリットが得られる。「銘」の中には、2つの武器を合成した時のみ生成されるものも。何を組み合わせるとどんな効果が得られるのか、あれこれ試すのもRPGのアイテム合成のようで楽しい。

review20140207_12 review20140207_13

review20140207_14 review20140207_15
▲合戦で手に入れた武器を「砥石」で強化。パラメータは一定値までしか上がらないが、「玉鋼」を使えば限界値を引き上げることが可能だ。

■まとめ
武将ごとに操作もシナリオも変化
つい何周もしたくなる!

いくらやり込み度が高くても、本編そのものが平坦では飽きが来てしまう。『戦国BASARA4』の場合、その点も十二分にクリアされている。武将ごとに技の特性、操作感が全く異なり、ステージ構成もバラエティ豊か。1人クリアしたらまた1人……と、つい繰り返し遊んでしまう。お気に入りの武将が見つかれば、他の武将の視点でその人物を掘り下げてみたくなりまたプレイ。1ルートは2、3時間だが、100時間以上楽しめるはず!

戦国BASARA4
PS3_Cover_CS
●ハード:PlayStation 3
●発売日:発売中(1月23日発売)
●価格:各6990円(パッケージ版/DL版)
●ジャンル:スタイリッシュ英雄(HERO)アクション
●プレイ人数:1~2人
●メーカー:カプコン

公式サイト
http://www.capcom.co.jp/basara4/

©CAPCOM CO.,LTD.ALL 2014 RIGHTS RESERVED.
文/野本由起