災害時にも活躍間違いなし、ソーラー発電バッグの実力とは

『HALOS』は、ソーラーパネルを搭載し太陽光発電ができるバッグ。電源がない場所にいる時でも、これにモバイルバッテリーを接続しておけば自家発電ができるようになる。まさにモバイラーの救世主!

ソーラーパネルにはサイズの大きい4Wモジュールを採用しており、この大きさが発電効率の高さのポイントに。最高条件(晴天下、ソーラーパネルを身近なモバイルバッテリーで活用できる気温25℃)の場合3~4時間でスマホをフルに充電できる。この際に別売バッテリー(2980円)をつなぐ必要があるが、micro USB端子で入力できれば純正品でなくてもOK。

ソーラーパネルが大きい分サイズはかなり大きく、電車移動が多い場合はちょっと邪魔かもしれないが、ソーラーパネルはバッグ外側のポケットに入っており取り外しが可能となっているなど、取り回しは意外なほど気楽だ。

キャンプや登山など、レジャーで出かける際の相性も抜群、数多くの場面で“コンセントを持ち歩いている”感覚が味わえるはず。いざという時の電力不足に対応できるという点でも見逃せない。防災用品をいつでも持ち出せるバッグとしても注目!

Chord&Co.『HALOS メッセンジャーバッグ』(実勢価格=4万2800円)
Chord&Co.『HALOS メッセンジャーバッグ』(実勢価格=4万2800円)