待ったなし!消費税増税前の家電の買い方をプロが指南

消費税増税前、最後の1カ月がいよいよやってきた。“最後の買い物チャンス!”と、さまざまな店舗が、お祭りのように、ユーザーの購買意欲を刺激している。とは言え、そんな時こそ、冷静さを失ってはいけない。なんでもかんでも、駆け込みで買ってしまうのはナンセンスであり、生活に必要なもので、かつ今買うとお得なものだけを、しっかりと吟味して購入するのが賢い買い物だ。

All About家電ガイドの戸井田園子氏が、増税前の家電の買い方について、プロの視点からこうアドバイスする。

「例えば、洗濯機、冷蔵庫、エアコンなどは、増税前のこの時期にこそ、積極的に購入すべき家電です。特に7~8年前のモデルを使っている方は、寿命が近いものも多いですし、なにより買い換えるだけで、電気代がかなり安くなるなど、大幅な省エネ効果も期待できます。

また、冷蔵庫などは、突然壊れることが多い家電だったり、例えば、過去に不具合があったとか、気になる異音がするなど、違和感を少しでも感じる場合は、この機会に購入を前向きに検討してみてはいかがでしょうか。

これらの高額なシロモノ家電というのは、通常10年単位で購入する割には、意外と待ったなしのものが多く、かつその製品への知識が豊富でない割には高額と、いい加減に買うと、非常に後悔する可能性が高いもの。

だからこそ、増税という家計にはネガティブな機会を、本当に自分にとって必要なモデルを知るためのチャンスとポジティブに捉え、それぞれどんなモデルが必要かをチェックし、失敗のない逸品を手に入れてほしいですね」

増税後も値崩れせず、単価が高い大型シロモノ家電はこの時期だからこそ積極的に購入OK
増税後も値崩れせず、単価が高い大型シロモノ家電はこの時期だからこそ積極的に購入OK