スマホ連携機能を強化した高速レスポンス『彩速ナビ MDV-Z701』

review20140312_1

「彩速ナビ」シリーズのフラッグシップとなるのが「TYPE Z」。ラインナップは横幅180mmの2DINサイズボディの『MDV-Z701』のほかに横幅200mmのワイドサイズボディを持つ『MDV-Z701W』が揃っている。
美しい映像(=彩)を生み出す「プレミアム・ファインビュー・モニター」や、優れた操作レスポンス(=速)を実現する「ジェットレスポンスエンジンⅢ」などを搭載し、ネーミング通りの実力を発揮する。また、スマートフォン連携機能の充実度は業界トップクラスと言える。「Android」スマホや「iPhone」を組み合わせることでナビ機能もエンタメ機能もグレードアップが可能。

■基本機能をチェック

鮮やかな画質のモニタは地図を見やすく、A&Vソースも迫力たっぷりに映し出す。また独自の圧縮方式「S3フォーマット」と「ジェットレスポンスエンジンⅢ」が、全ての面においてストレスのない動きを実現。Wi-Fi機能にも対応し、スマホとの連携を強化している。

発色の美しいモニタ
review20140312_2
WVGA液晶パネルに高輝度ホワイトLEDバックライト、光沢パネルを組み合わせた「プレミアム・ファインビュー・モニター」を採用している。

Wi-Fi接続可能なアダプタ
review20140312_3
USB Wi-Fiアダプタを同梱し、スマホと接続可能。Wi-Fiテザリング機能を利用して専用サーバーから渋滞情報や天気予報など役立つ情報が得られる。

■大幅進化したスマホ連携機能

Wi-Fi対応により、スマホのテザリング機能を活用することが可能に。専用サーバーからドライブに便利な情報を取得できる。ただし、これにはKENWOOD MapFan Clubへの会員登録(税別300円/月。地図更新も付属)が必要。また、スマホをDMS(デジタルメディアサーバ)として活用するアプリを介せば、スマホ内の楽曲をWi-Fiで出力できる。複数のスマホを切り替えて再生することも可能だ。

▼スマホのテザリングを利用することで、最新の渋滞情報や駐車場の満空情報などを入手し、地図上に表示することができる。

スマートループ渋滞情報
review20140312_4

駐車場満空情報
review20140312_5

ガソリン価格
review20140312_6

▼「Twonky Beam」などのDMS機能アプリを使えば、スマホに収録している音楽ファイルをナビの高音質環境で楽しむことができる。曲名やアーティスト名などの表示も可能だ。
review20140312_7

▼Androidスマホでは、オリジナルアプリ「VOIPUT(ボイプット)」を使ってクラウド型の音声検索が利用できる。音声の認識率も高く、結果も正確だ。
review20140312_8

▼Bluetooth対応の携帯電話やスマホと接続している場合には、ハンズフリー通話の操作が音声でできる。安全性を大幅向上させる便利機能だ。
review20140312_9

■実走チェック

ハンズフリーで使える検索機能が便利
review20140312_10
出発前や信号待ちなどでナビを使用する際、効率良く操作ができる音声検索は非常に便利。短時間ですばやく確実に目的地検索が行なえ、両手をハンドルに置いたまま操作できるので安全性にも寄与する。音声通話も前を向いたまま行なうことが可能だ。

タッチコントロールは高速で快適
review20140312_11
静電式タッチパネルを採用し、ふだん使い慣れたスマホスタイルのタッチパネル操作が可能だ。ピンチインやピンチアウトによるスケール切り替えや、フリック&ドラッグで地図スクロールやメニュー操作などにも対応。レスポンスが極めて良いので操作感も非常に快適。

■使い倒しインプレッション

このモデルに触れて最初に感じるのは、映し出される地図が抜群にキレイなこと。明るくクッキリとしていて地図の色合いも鮮やか。さらに手を伸ばしてスクロールやスケール切り替えをすると、サクサクと動くことに感動すら覚える。フリックやドラッグといった操作で思いのままに扱え、地図が途切れたり動きがつかえる瞬間がない。しかもフレームの左右4カ所から異なる画面(スケールの違う地図、再生中のA&Vソース、A&Vメニュー、ハンズフリー用メニュー)を引き出す独特のコントロールも導入。利用機会の多い操作がすぐに呼び出せる。
「TYPE Z」では先代からスマホ連携機能が充実していたが、このモデルでは一段と推し進められた。新たにWi-FI接続に対応することで、ケーブルを接続する手間がなく専用サーバーからの情報取得が可能に。しかも取得できる情報は全国約70万㎞の道路を対象にしたスマートループ渋滞情報や、駐車場満空情報、天気予報情報、ガソリンスタンド価格表示など、ドライブで役立つものばかり。さらにDMS機能アプリをスマホにインストールすることで、音楽や映像のデータをナビで再生、コントロールすることが可能になる。設定さえすればドライバーだけでなく同乗者のスマホと切り替えて再生することも可能だ。
そしてスマホと連携することでクラウド型の音声検索が使えるようになるのも注目ポイント。Android向けオリジナルアプリ「VOIPUT」を介してサーバーへアクセス。音声の解析とデータの検索を行ない、ナビに検索結果を表示する。驚かされたのは認識率の高さで、例えば住所検索では都道府県名から番地までを会話するように続けて話しても認識。施設などの場合は「●●駅近くの駐車場」などと話すだけで、指定した場所の周辺検索ができる。そのうえスマホ側の操作が必要なく、ナビの目的地検索メニューから呼び出せるのも便利だ。
快適な操作感やレスポンスはそのままに、スマホ連携機能を高めた本機は、スマホ感覚でナビも使いたいデジタル志向のユーザーには最適な選択肢だと言える。

■結論

快適な操作性、見やすいルート案内などのナビ機能、エンタメ機能ともにスキがない「かゆいところに手が届く」と言えるようなユーザーの立場になったモノ作りが見える1台。間違いなく価格以上の満足感が得られるモデルと言える。スマホの使用に慣れており、普段からクルマでの移動が多いナビのヘビーユーザーには強力におすすめしたい。

■SPEC
サイズ:W180×H100×D185mm 重量:2.91kg(本体のみ) 画面:7V型ワイドTFT液晶(WVGA、LEDバックライト) 内蔵メモリ:16GB SSD 再生可能メディア:TV(12セグ/ワンセグ)、DVD、CD、USB、iPod/iPhone、Wi-Fi DMS、FM/AM 検索データ:住所約3920万件、電話番号約3000万件 その他機能/FM多重VICS対応、多ルート同時探索対応、NaviCon対応