『PlayStation 4』がある日常

副編・石田です。
去る2月22日(土)、発売当日の朝7時17分に『PlayStation 4(PS4)』を購入したことは、前回のブログでお伝えした通り。

あれから2週間強。

世の中には既に『PS4』の情報があふれ、レビューもハード/ソフトともにさんざん行なわれています。加えて『PS4』には「SHARE」機能なるすばらしいものがありますから、ユーザー自らプレイ動画やレビューを簡単にアップすることもできちゃう。

本誌でも引き続き『PS4』関連の記事を絶賛製作中だったりしますので、本日は小難しいことを抜きにして『PS4』がある日常で感じたことをつらつらと。

blog20140312_1

はい、まずは我が家のリビングのテレビ下に鎮座する『PS4』です。

blog20140312_2
▲自腹企画としてやっていた「俺のサラウン道」で買い揃えた3.1chのフロントサラウンドシステムに接続している『PS4』。

僕が今『PS4』を起動するのは、ゲームプレイが9割で、1割がリビングで音楽を聴きたい時に「Music Unlimited」を立ち上げます。

ゲームは『KNACK』と『KILLZONE SHADOW FALL』があるのですが、今は『KNACK』をじっくりプレイ中。現在はChapter 9で盛り上がっているところです。

で、『PS4』を日々使っていて感心することがいくつかあるんですが、まずは「PlayStation Camera」に搭載されているマイクを使った音声認識。『PS4』は音声認識でボイスコントロールが可能ですが、実際使ってみるとこれがなかなか面白い。

「ぷれいすてーしょん」と呼びかけると、操作可能な単語が画面下に表示され、続けて喋りかけるとその操作ができます。

例えば「ぷれいすてーしょん」→「なっく」→「はじめる」という感じ。

「Siri」やら『Xbox 360』でも「Kinect」やらある中で、今さら音声認識に何をトキメイテいるのかって話ですが、『PS4』は悲しいほど滑舌が悪く、早口になってしまう私の言葉すらもちゃんと聞き取ってくれるんですよ! それも「ぷ・れ・い・す・てー・しょ・ん」みたいにハッキリ、声を張り上げるのではなく、「ぷれいすてーしょん!」で認識OK! すごい自然なんですね。

これだけ認識力が高いなら、先々『PS4』で本とか雑誌も読めるようになってくれるといいですなぁ。ソファに寝っ転がりながら声でページめくりができると有り難い。

電源オフもボイスコントロールでできるので、電源オンも使えるようになったらもっと寄り沿ってくれてる感が出てきそうです。

それと『PS4』が我が家のリビングに来てから、既にゲーマーへの英才教育が始まっている5歳の長男にも変化が表われました。長男は4歳になる前からマリオを始めています。

『Wii U』、『Wii』、『ニンテンドー3DS』が彼の宝で、マリオ以外興味を示さなかったのが、「プレイルーム」を触らせてみると、次男と一緒におおはしゃぎ。

blog20140312_3

さらに『PS3』のゲームは『パペッティア』でも難しくて遊びませんでしたが、『KNACK』には非常に食い付きがよく、今までうまく進めないとコントローラーを投げ出していたのが、クリアできないところはパパに任せ、物語が進んでいくのを側でじっと見ています。『KNACK』の親しみやすい絵柄と、主人公「ナック」がレリックによって大きくなっていくシステムにゾッコン夢中。

最近では土日になると「ナックくん! ナックくん!」とせがんでくるようになりました。

「PlayStationは大人向け」、「据え置き機はコアゲーマーのモノ」と言われることがありますが、『PS4』に関して言えば、そしてウチの息子たちの反応を見ていると、その限りではないようです。

さてさて、そんな『PS4』ですが、もちろん早く改善してもらいたいこともあります。それは「hulu」と「YouTube」への早期完全対応。「hulu」は自分のためで、「YouTube」は「レオンチャンネル」という玩具のレビューチャンネルが我が家では神コンテンツになっているので。

まぁ、つまりは『PS3』でできているサービスが、「nasne」も含めて早く展開してほしいということですね。

ただでさえテレビ周りにハードが多く、カミさんから「もう一つにまとめてよ!」とお叱りをうけているので……。(A&Vアンプでチャンネル切り替えるってことができないらしいんですよね)

『PS4』はSHARE機能やリモートプレイ、PlayStation Appを使ったスマホとの連携など、新世代ハードらしい尖った機能が多いですが、ちゃんとファミリーでも楽しめるゲーム機であると、使っていて感じています。

さらなる進化にも期待しながら、遊び続けていきたいと思うんです。


PlayStation®4 プレイステーション® オフィシャルサイト
http://www.jp.playstation.com/ps4/