ついに来た! “紙の再発明” enchantMOON次世代機『S-II』進化点まとめ

昨年発売され、“紙の再発明”として話題を呼んだ手書きデバイス、enchantMOON。

blog20140315_01

昨日、五反田のゲンロンカフェで行なわれた新製品内覧会に行ってきました。

blog20140315_02

blog20140315_03

結論から言うと、
ハードウエアは外観も中身も全く変更なし

blog20140315_04

ただし、これは現行機種が抱えていた問題点を真摯に検討した上での判断。
blog20140315_05

blog20140315_06

従ってソフトウエアについては大胆な変更が加えられています(何とコードを1から書き直したとのこと!)。
enchantMOONのOS、MOONPhaseは2.8.0から2.9.0に。
特にペンの描き心地やページめくりなど、デジタルノートとしての使い勝手については相当な改善が施されています。

現行機種からの変更点は以下の通り。
・ペンの描画レイテンシー最高80ミリ秒を実現(現行機種は112ミリ秒)
・カメラの高画質化
・Webブラウザの高速化
・動画再生に対応
・高速ページ遷移
・高速化されたハイパーリンク
・紙のノート感覚のページめくり
・領域形状の自動補正

価格は16GBが4万9800円、32GBが5万9800円。4月発売。
現行機種から1万円値上げされています。

blog20140315_07

ただ、ハードウエアは現行機種と全く同一なので、現行モデルの所有者は4月の『S-II』発売時に無償アップデート可能とのこと。

……ということは、『S-II』の発売前に現行モデルを買っておけば1万円お得!
気になる人は消費税増税前の3月中にポチッとするのが良いかもしれません。

試用機をお借りしたので、いろいろ試してみようと思います。楽しみ!

blog20140315_08