iPhoneでテレビが観られる! 『ポケットフルセグ 録画対応テレビチューナー』

iPhoneやiPadでテレビの視聴ができるポータブルテレビチューナー『ポケットフルセグ 録画対応テレビチューナー』が、3月14日に「SoftBank SELECTION」ブランドから発売されました。早速入手したのでレビューをお届けしたいと思います!

blog20140317_ph01
▲『ポケットフルセグ 録画対応テレビチューナー』。ソフトバンクセレクションのオンラインショップでの価格は1万2720円。

『ポケットフルセグ 録画対応テレビチューナー』はその名の通り、フルセグの視聴と録画に対応した製品。iOS機器へ無線LAN経由で映像を転送し、地上デジタル放送の視聴を実現しています。BS/CS放送には非対応です。

blog20140317_ph02
▲本体の左側面に付属のminiB-CASカードを挿し込む必要がある。手前に見えるのは録画用のmicroSD、こちらは別売。

サイズはW116×H16×D72mmと、iPhone 5sの縦を少し短くし、幅を少し大きく、厚さを倍くらいにした感じ。持ち歩いてもそこまで邪魔にはなりません。2500mAhのバッテリーを搭載しており、フルセグで約2時間(iPhone、iPadをAC電源に接続しながらの場合は約8時間)の連続視聴が可能です。面白いのは、モバイルバッテリーとしても使えること。緊急時にうれしい機能ですね。

blog20140317_ph03
▲本体右側面。手前から順にロッドアンテナ、電波状況が悪い時に使用する有線アンテナケーブル接続用の3.5mmジャック、充電用のmicroUSBポート、給電用のUSBポート。

blog20140317_ph04
▲モバイルバッテリーのようにも使えるのは便利。バッテリー容量は2500mAhなので『iPhone 5s』なら満充電1.5回分くらいですね。

それではテレビ視聴を試してみます。と言っても手順は簡単です。
まずは、「App Store」から専用アプリ「ポケットフルセグ」をダウンロードしておきます。続いて『ポケットフルセグ 録画対応テレビチューナー』の電源をオン。iOSの「設定」からWi-Fiで、『ポケットフルセグ 録画対応テレビチューナー』に接続すれば準備は完了です。
この状態で「ポケットフルセグ」アプリを起動すると初期設定が始まります。セットアップガイドが表示されるので、ひと通り読んで進んで行きましょう。その後、チャンネルの検索が行なわれるので、これが完了すれば視聴可能となります。

blog20140317_ph05 blog20140317_ph06
▲基本的に「次へ」のボタンを押していくだけでセットアップは完了する。

さて、アプリの使い勝手をチェックしてみましょう。
表示は縦、横どちらも可能です。横画面の場合は全画面表示もできます。
チャンネル切り替えは「戦局」ボタンもしくは、画面を左右にフリックすることで行なえます。チャンネル切り替えにかかる時間も1、2秒と短いので、ストレスなく視聴が行なえます。電波状況に応じてフルセグとワンセグを自動的に切り替えてくれるので、移動中でも快適。切り替え時に若干のタイムラグがあるので、電波状況が悪い場所ではワンセグ固定モードに設定するといいかもしれません。

blog20140317_ph07
▲わかりやすいインターフェイスなので、説明書を読まずとも操作できちゃいます。

blog20140317_ph08 blog20140317_ph09
▲横向きなら全画面表示も可能。

blog20140317_ph10
▲ちなみに縦向き時は「ながら見モード」が利用でき、上半分にテレビ、下半分にブラウザを表示することができます。番組表を確認したり、番組内の気になるキーワードを検索できたりするのは便利ですね。

また、「録画」ボタンを押すか「番組・予約」ボタンを押せば番組録画が可能。タイムシフト再生に対応してないのが残念ですが、予約録画に対応しているのはうれしいところ。64GBのmicroSDなら、フルセグで約8時間、ワンセグなら約320時間の録画ができます。

使っていて少し気になったのは、映像の処理などをiOS機器側に実行させているようで、iOS機器のバッテリー消費が結構早い点。使用環境によるとは思いますが、5分で4%くらい減っていたようでした。外出先でがっつり使うのであれば、別途モバイルバッテリーを用意した方がいいかもしれないです。

iOS機器でワンセグが観られるという機器はこれまでいくつかありましたが、フルセグとなるとかなり数が少ないです。しかもiOS機器に直接接続せずに使えるのはこの『ポケットフルセグ 録画対応テレビチューナー』だけ。「スマホはiPhoneだけど、テレビが観たい!」という人は結構ありな選択肢になりそうですよ。