PS3&Xbox 360ゲームレビュー/グランド・セフト・オート:オンライン(後編)

review20140331_main

遊ぶ楽しさだけでなく、創る楽しさ、もてなす楽しさがそこに──。『グランド・セフト・オート:オンライン』(『GTAO』)の世界では、プレイヤーはゲームをプレイするだけの立場では終わらない。レビュー後編は「コンテンツクリエイター」の魅力をチェック。

review20140404_A review20140404_B

review20140404_C review20140404_D

■コンテンツクリエイターとは?
お客様としてもてなされるのも良いが
「作ったものを遊んでもらう」ことも楽しい

さて前編でもお伝えした通り、『GTAO』にはユーザーがデスマッチやレースを自由に作れる「コンテンツクリエイター」というツールが存在する。作ったレースなどは仲間内でプレイできるだけでなく、全世界に公開することが可能。そして評価が高かったものは「ロックスター・ゲームスによる認定」という栄誉を受けることもできる。

……まあそこまで狙うかどうかはともかくとして、興味を持たれた方は、さっそく『GTAO』のサブ画面メニューにある「コンテンツクリエイター」を起動してみてほしい。親切なチュートリアルもあるので、ほとんど戸惑うことなくデスマッチや、レースを作成できるはずだ。
筆者も試してみたところ、約30分ほどで簡単なデスマッチを作ることができた。本当にお手軽だ!

review20140404_1 review20140404_2
▲例えばデスマッチなら、キャラクターの登場位置や復活位置、入手できる武器、乗り物などをマップ上に配置していくだけでOK。試合時間や細かいルールなども選択して決めることができる。

review20140404_3 review20140404_4
▲完成したデスマッチは、テストプレイすることも可能。AIキャラが参加する擬似対戦だが、意外にもちゃんと楽しめてしまう。なにせ自分で武器や乗り物を設置しているので、どこに行けばなにがあるのか丸わかり。まさに創造主気分。

「コンテンツクリエイター」に触れてみて驚いたのは、自分が作ったデスマッチを遊ぶことが想像以上に心地良いということ。もちろんハイクオリティなものを作れたという自画自賛ではない。「自分のアイデアが行き届いた空間に自分(の分身)が存在する」ことの魅力、とでも書けば伝わるだろうか? ある意味、箱庭療法的な癒やされ方なのかもしれない。

そして、自分が作ったデスマッチを他のプレイヤーにテストしてもらったり、フレンドを招待して遊ぶのもエキサイティングだ(いや、本当にドキドキする)。そのデスマッチの全てを知っている作り手が一番有利なはずだが、ゲームの上手いプレイヤーはその思惑を越えて活躍したりするもの。そうなった場合、悔しいというよりもただただ感心してしまう。

さらにその経験を元に、デスマッチの内容を修正したり、全く新たなデスマッチを作ったりと、他人と遊ぶことで新たな創作意欲がかきたてられたりもする。おそらく世のオンラインゲーム開発者は、こんな感覚を日々味わっているのではないか。
仕事となると大変そうではあるが。

■レース作成
操作方法などはほぼ同じ
気軽にトライできる

もちろん「GTA」と言えばレースの面白さも忘れてはいけない。
単純に速さを競う「スタンダード」、ドライバーとガンナーの2人でチームを作って、他のチームと勝負する「ラリー」、ルールを「GTAレース」に設定すれば、クルマをぶつけるどころか銃を使った攻撃もOKに。さらにブーストやロケット弾と言ったアイテムを設置すれば某カートゲームのような遊びも可能なる。。「コンテンツクリエイター」を使えば、『GTAO』でプレイできるレースのほとんどの種類を作成することが可能だ。
もちろん筆者もデスマッチだけでなく、レースの作成にも挑戦してみた。

review20140404_5 review20140404_6
▲レースの場合はスタートグリッド、チェックポイント、障害物などを置いていくだけで完成する。交通量をゼロにしてテクニックを競わせるのもいいし、逆にアクシデントが起こるのを狙ったレースを作ってもOKだ。

review20140404_7 review20140404_8
▲もちろんこちらもテストプレイ可能。作って自分で走るだけでもなかなか楽しい。チェックポイント等を配置しているだけではわからない、細かい問題点や、思わぬ面白さに気付くことができる。

もちろん同じツールなので当たり前といえば当たり前だが、インターフェイスや操作などはデスマッチ制作とほとんど同じ。デスマッチを作ったことがあればレースも簡単に作れるし、その逆も真なりだ。
本当に面白いレースを作るには丹念な調整が必要になるが、身近な人間と遊ぶのであれば不出来な部分も楽しめるもの。コンテンツクリエイターで遊ぶ際は、いきなり大作を作ろうとするのではなく、まずは小規模なものをどんどん完成させ、作る楽しさ、遊んでもらう楽しさを知っていただければと思う。

ちなみに「コンテンツクリエイター」は今後もどんどんアップデートが行われ、作れるジョブ(ミッション)のタイプが増えていくとのこと。個人的にも今後の動向に注目していこうと思う。

■まとめ
『GTAO』というポピュラーな作品に
このツールが存在する幸運

何かアイデアを出して、形にしていくことは、それだけでも十分に面白い行為だ(職業柄か、筆者はその面白さを強く感じやすいのかもしれないが)。それを他人に見せ、賞賛や批判、アドバイスなどをもらえれば、さらなる満ち足りた気分を味わえる。

ただ、アイデアを形にするにしても、それを誰かに楽しんでもらうにしても、実際にやるとなると案外ハードルが高いもの。だがコンテンツクリエイターは、『GTAO』というポピュラーなゲームを介すことによって、それらのハードルをぐんと低くしてくれる。

コンテンツクリエイターは『GTAO』を末永く楽しむための必需品……などとまとめてしまうのは勿体なく感じるほどによくできた、触れているだけでも豊かな気分になれるツールだ。『GTAV』のソフトをお持ちの方や、興味を持たれた方はぜひ一度遊んでほしい。

グランド・セフト・オート:オンライン
(ロゴデータをご手配願います)
●ハード:PlayStation 3 /Xbox 360
●発売日:配信中
●価格:無料
※プレイするには『グランド・セフト・オートV』を購入する必要があります。
【グランド・セフト・オートV】各7400円(パッケージ版/DL版ともに税抜き)
●ジャンル:オープンワールド
●メーカー:ロックスター・ゲームス

公式サイト
http://www.rockstargames.com/V/ja_jp

© 2013 Rockstar Games, Inc.

文/高橋祐介