迷いを断ち切れ!スマホとタブレットのいいとこ取り「ファブレット」の選び方とは

スマホとファブレットの利点を兼ね備えた新しいデバイスとして頭角を現してきた“ファブレット”。自分の用途に適したモデルを選べば、脱スマホあるいは脱ダブレットで、荷物のスリム化&節約が実現する。

選ぶ際に最も重要になってくるのは画面サイズ。ファブレットとは画面サイズが6.0型前後のスマホのことを指すが、画面サイズが微妙に違っている。画面が大きいほど視認性は高まるが、小さい方が片手での操作がしやすい。わずか0.1インチ刻みでも使い勝手に差が生じるので、用途に合った最適サイズを見極めたいところ。

鞄に入れて持ち歩くなら、さほど大きさを気にする必要はないが、ポケットに入れるならサイズと重さはしっかりチェックすべし。縦向き・横向きそれぞれの使用感も要確認。購入前にソフトウエアキーボードの操作性も試してみよう。

次に、購入前にペンでの操作性も確かめるべき。思いついたことなどをささっと記録する“デジタルメモ”としても重宝するファブレット。スタイラスペンが付属していない端末でも、市販のスタイラスペンで操作可能。ペン使用時に役立つアプリや独自機能もあったほうが有利だ。

また、画面を分割して複数のアプリを使える機能や、画面に重ねて小さなアプリを起動できる機能があると便利。アプリの切り替えをスピーディに行なえるか否かも確かめよう。

自分と相性が良い端末に出会えば、長期的な利用も想定される。利便性を向上させるフリップカバーや卓上ホルダー、ハンズフリー通話のためのヘッドセットなど、連携して使える周辺機器が充実していると、より安心度が高まるだろう。

見る・聴く・撮るの3拍子が揃ったau /ソニーモバイルコミュニケーションズ製『Xperia Z Ultra SOL24』
見る・聴く・撮るの3拍子が揃ったau /ソニーモバイルコミュニケーションズ製『Xperia Z Ultra SOL24』