傾いて曲がる3輪EVトヨタi-ROADに乗ってきた

昨年の東京モーターショーで初めて走っているところを目撃したトヨタの3輪で走る電気自動車(EV)『i-ROAD』。
車体を傾けながら、音もなく、まるで滑るように走っているところを見て、いったいどんな走行感なのかと興味を持っていましたが、実際に乗る機会に恵まれました。

場所はトヨタが新しい交通システムの実証実験を行なっている愛知県豊田市。
限られたスペースでしたが、その独特な走行感を味わうことができました。

『i-ROAD』は前2輪、後1輪の3輪で、駆動は前輪、操舵は後輪で行なうというユニークな設計。
速度や操舵角(タイヤが曲がる角度に切れる量)に合わせてバイクのように車体を傾けて曲がるという部分がさらにユニークです。
操作系は通常のクルマと同じで、クルマを運転できる人なら誰でも操作することができますが、乗ってみた感覚はクルマともバイクとも違う非常に独特なものでした。

▼曲がる時はこのように車体を傾けて曲がります。傾く角度はコンピューター制御されていて、必要以上に倒れることもないので、怖いという感覚は全くありません。
blog20140408_1

▼ハンドルを切ると、このように後輪に角度が付いて曲がります。後輪の角度もコンピューター制御で、速度やハンドルを切った量、傾く角度などに合わせて最適に調整されます。
blog20140408_2

▼ハンドルなどの操作系は通常のクルマと同様。ペダルもアクセルとブレーキのみでAT免許を持っている人なら誰でも運転できます。
blog20140408_3

始めにトヨタの人のデモ走行を見学。
モーターショーで見た時と同じように、エンジン音もなく、後輪が切れて曲がっていくため、まるで滑っているように走っています。
嫌が応にも期待が高まります。

そして、自分の順番が回ってきました。
普通のクルマと同じようにアクセルを踏むと、音もなく走り出します。
原付ミニカーの規格に対応するため、パワーはそれほどではありませんが、車体が軽いため加速はスムーズで気持ちいい。

そして、ハンドルを切ると車体を傾けながら後輪が外に出るように曲がります。
傾く角度や後輪が切れる量は、全てコンピューターで制御されており、速度が出ていない時は車体はあまり傾かず、後輪が切れる量が多くなります。
逆に速度が出てくると、車体の傾く量が増えて、後輪はあまり切れなくなる。
乗り手がハンドルを切った量に合わせて、傾きと操舵角を最適に調整して曲がってくれるので、思った通りに曲がることができます。

そして、オーバースピードで曲がろうとすると、まずハンドルにバイブレーションが伝わり“この速度で曲がると危険ですよ”ということを知らせてくれます。
それでも曲がろうとすると自動的にゆっくり減速し、車体が起き上がって直立に戻ります。(その際、後輪の切れ角は増えるのできちんと曲がることはできます)
こういった安全性能も、傾きや操舵角などを総合的に制御しているからできること。
独特な乗り味ながら、誰でも安心して運転できる乗りモノに仕上がっていました。

滑るような走行感は乗っていても同様。
それでいて、意図した角度で確実に曲がってくれるので、これが楽しくないわけがありません。
自分の順番が終わり、待っていた漫画家の次原隆二先生に「これ、すっごい楽しいですよ!」と興奮気味に声をかけたら、「見てればわかるよ。乗ってる間、ずっと笑ってたもん(笑)」と言われてしまいました。
乗る人を笑顔にしてしまう乗りモノ『i-ROAD』。
詳しくは4月25日発売の『デジモノステーション』にて、次原隆二先生の連載ページ「よろしくメカドック Dr.風見のデジモノ教室」にて漫画をまじえてご紹介します。
ご期待ください。