もっともすばやく、衛生的! ダイソンのハンドドライヤー『エアブレードTap』

新・シロモノ家電担当の滝田です。
レストランや百貨店、空港なんかに行った時、ちょっとトイレで用を足した後、あたりまえですけど手を洗いますよね? その時に、あ? ハンカチ忘れた。いいや、ズボンで拭いちゃえ! って誰もが身に覚えありますよね?(ないとは言わせませんよw)

ただ、あのダイソンがこのたび日本で発表したハンドドライヤー『エアブレードTap』が、その洗面台に設置されてさえいれば、もうそんな不潔なことをする必要ありません。なぜなら、洗面台の蛇口とドライヤーがスマートに融合しているので、“手を洗ってから乾かすまで”一連の動作でできてしまうからです。

ダイソン
エアブレードTap
http://www.dysonairblade.jp/
blog20140411_01A
※写真はtallタイプ

blog20140411_01B
あのジェームズ ダイソン御大も、この発表のために来日するほどの自信作! というわけで、蛇口一体型の『エアブレードTap』には、サイクロン掃除機などでおなじみの高性能な「ダイソン デジタルモーター V4」を搭載。毎分最大90000回で回転し、毎秒最大35リットルの空気を、0.8㎜という細い吹き出し口から噴射することで、手に付いた水滴をわずか12秒で完全に取り去ってくれます。

blog20140411_02

しかも、その噴射される空気というのが通常のハンドドライヤーとは違い、本体下部のHEPAフィルターを予め通した空気なので、その辺のハンドドライヤーと違ってとても清潔。せっかくキレイに洗った手だからこそ、きれいな空気で乾燥させないと意味がない! というのダイソンの考え方を、スマートに具現化しました。しかも、羽根のない扇風機『ダイソンクール』と同じ、ヘルムホルツ空洞技術を使っているので、音が静かなのも嬉しいところ。

blog20140411_03

残念ながら業務用商品としてしか販売されないので、個人的に自宅トイレに導入! とは行きませんが、ぜひ、今後どこかのシャレオツなレストランなどで見かけた際には、“この手を乾かす空気はめちゃくちゃきれいなんだ!”と思い出してください。いつもより、ちょっと気分よくトイレから出られるはずです。

そのほか、同発表会では、一般的なルックスのハンドドライヤー『エアブレードdb』と、よりコンパクトな『エアブレードV』も同時発表されてます。(いずれも業務用商品)

ダイソン
エアブレードdb
blog20140411_04

ダイソン
エアブレードV
blog20140411_05