使いやすくなったと話題の“Windows 8.1 Update”、何が変わった?

4月9日早朝より、Windows 8.1 Updateの配布がスタート。同日にWindows XPのサポートが終了したこともあり、今回のUpdateは従来のWindowsユーザーがより移行しやすく、使いやすい改良がなされている。

ポイントとなるのは、スタート画面に電源ボタンと検索ボタンが追加されたこと。Windows 8以降では、画面右端から呼び出す“チャーム”から電源ボタンを操作していた。この方式は、タブレットなどタッチ操作に対応したモデルでは操作しやすいが、マウスで操作する場合はカーソルの移動距離も長くなり使いにくかった。

news20140410_01
画面右上のアカウント表示の隣に電源ボタンと検索ボタンを配置。

スタート画面に電源ボタンが表示されるようになったので、チャームを呼び出す手間も省け、PCに慣れていないユーザーでもすぐに電源ボタンをすぐに発見できるので、迷わず操作できる。

またスタート画面左下に表示されるアプリ一覧を呼び出すための矢印ボタンには、新しいアプリがインストールされるとアナウンスされるようになった。

news20140410_02
スタート画面から新しいアプリがインストールされたかどうかすぐにわかる。

news20140410_03
アプリ一覧でも新規のアプリには“NEW”と表示されるので見つけやすい。

Windows 8から、Windowsストアアプリが利用できるようになっているが、この操作方法が従来のデスクトップアプリと違っており、敬遠されるひとつの要因となっているが、この操作方法も改善され、Windowsストアアプリとデスクトップアプリの融和が進められている。

例えば、Windowsストアアプリの画面上部にカーソルを移動させると、デスクトップアプリと同様に、最小化ボタンと閉じるボタンが追加されている。さらに最小化ボタンを押すと、タスクバーにアイコンとして表示されるので、Windowsストアアプリとデスクトップアプリと違いを気にせず使うことができる。

news20140410_04
最小化ボタンと閉じるボタンを使ってWindowsストアアプリの操作ができるようになった。

news20140410_05
Windowsストアアプリもタスクバーに表示され、サムネイル表示にも対応。

news20140410_06
画面左上には画面分割専用のメニューを登載。マウス操作でも画面分割がしやすい。

そのほかスタート画面での右クリックメニューも強化されており、タイルサイズなどが右クリックメニューからも変更できるようなった。もちろんWindows 8から採用された変更方法も利用できるが、Windows 7以前のユーザーの場合は、この右クリックメニューからの方が馴染みがあるので使いやすい。

news20140410_07
タイルを右クリックすると、メニューが表示されるようなった。

Windows 8.1で連携が強化されたクラウドサービスのOneDrive(旧SkyDrive)もブラッシュアップされており、やはり右クリックメニューから、同期の一時停止などが行なえるようになっている。スマホのテザリングで接続したときにデータの通信量を抑えたいという場合に、サッと操作できるので便利だ。

news20140410_08
OneDriveの右クリックメニューに、操作項目が追加。また通知領域にもアイコンが表示され、同期の状態などが確認可能になった。

WebブラウザのIE11は、Windowsストアアプリモードで起動させた場合、URLバーなどが常時表示されず不便だったが、この点も改良。設定からアドレスバーを常時表示するように指定できるようになっている。

news20140410_09
IE11のオプションに、アドレスバーとタブを常に表示する設定に切り替えられる。

news20140410_10
画面下部にアドレスやタブが常に表示されるので、マウスカーソルなどをあまり動かさずにサッと操作できる。

news20140410_11
IE11には“エンタープライズモード”が追加され、IE8をエミュレーションモードで表示稼働させられる。古いシステムを使用していて、旧バージョンのIEしか対応していない企業向けの機能だ。

このようにさらに、従来の“Windowsらしい”操作方法や機能が追加されたのが、今回のWindows 8.1 Update。新スタート画面やモダンUIなど、操作方法が変わってアップデートを敬遠していたWindows 7やビスタユーザー、さらにはサポート切れで買い換えを考えがえているXPユーザーも、これを機にWindows 8.1を導入してみてはいかが?

(中山 智)